CDC伊豆ビーチ花火大会温泉ダンスツアー 2016年7月23日(土)〜25日(月)

  • 2016.07.26 Tuesday
  • 08:09

伊豆海&温泉ダンスツアー
2016年7月23日(土)〜25日(月)

真夏のビーチとリゾートプール、パーティーを楽しもう♪
今年はホテル前で熱川温泉海上花火大会5千発もあります♪
3日間お疲れ様でした!



2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:CDC伊豆ビーチツアー(2016年7月)


【2016伊豆ビーチ花火大会温泉ダンスツアーの感想】

2016年7月23日(土)〜25日(月)の2泊3日で、ヤング社交ダンスサークルCDCは、伊豆へビーチ花火大会温泉社交ダンスツアーに行ってきました。
今回の参加人数は、1泊目が、男性18名・女性17名の計35名、2泊目が、男女とも4名づつの計8名という感じで、伊豆を楽しんでまいりました。

◆第1日目 2016年7月23日(土)
7月23日(土)、前日、前々日と雨模様の天候だったため、天気がかなり心配の朝となりましたが、この日の朝は曇ってはいましたが、Tシャツでは時より寒く感じるほどの涼しい朝でした。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:池袋駅組の集合場所にて(2016年7月)


バスが8時30分発の池袋組は、幸先よく10分前には、21人全員が集まり、定時より2,3分前にバスが出発、上野組10人もその10分後に、無事上野を出発したようでした。
しかしながら、経由地の本厚木に行く途中の高速道路で渋滞となり、35分遅れの10時20分に本厚木駅前に到着、そして伊豆へ向けてバスは進んでいきました。
時より渋滞になりながら、熱海手前のドライブインに11時30分に到着、11時50分に出発してからは、混雑の予想された熱海エリアも、スムーズに進み、ホテルには13時35分に無事到着しました。
昨年のホテル到着時刻が、12時45分でしたので、今年は50分も遅い到着となりました。
そのためか、その数分前の13時半に、ホテルのレストランは閉店してしまい、昼食が食べる所が無い事態になり、正直近くに、大人数が短時間で食べられる昼食屋さんが皆無の街のため、1日目の昼食はあきらめ、お部屋にチェックインした後、ビーチに直行しました。

今年の伊豆は、例年ほど気温が高くなく、ビーチでも25度くらいでしたでしょうか。
そんなビーチでしたので、土曜日の昼間にも関わらず、海水浴客は昨年ほど多くありませんでしたね。
そんな中、全員ビーチに集結して、ビーチタイム♪

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチタイム(2016年7月)


写真とったり、

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチタイム(2016年7月)

 

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチタイム(2016年7月)


相撲大会やったり、

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川相撲大会(2016年7月)


ジャンプしたり、

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチタイム(2016年7月)


ビーチで遊んだり、

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチタイム(2016年7月)


そして踊ったり、

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチ社交ダンスタイム(2016年7月)

 

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチ社交ダンスタイム(2016年7月)


海に入ったり、しながら、15時50分くらいまで、ビーチタイムを楽しむ事ができました。

そして、海から上がり、ホテルへ戻り、露天風呂で塩を流してから、17時30分より、夕食開始。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:ホテルでの夕食風景(2016年7月)


今年は、どうしても宴会場が取れず、飲み放題バイキングでの昼食となりましたが、1時間ちょっとの間、わきあいあいと夕食と会話を楽しみ、あっという間に時間に。

そして、部屋に戻って着替えてから、ダンスパーティータイム。
夏の曲中心の音楽で、1時間10分くらい、ダンスタイムを楽しみました。結構いい感じの雰囲気で盛り上がりましたね。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ダンスパーティー(2016年7月)

 

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ダンスパーティー(2016年7月)


ダンスタイムは、20時10分くらいに終了。そして今年の目玉でもあった、熱川の屋台と花火大会を見に外へと繰り出していきました。
 

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川温泉花火大会(2016年7月)


今年は、第50回の記念花火大会ということで、例年は平日の夜にしか花火大会は開催してない熱川花火大会が、2日間にかけて土曜日にも開催、その土曜日に偶然にもCDC伊豆ツアーが重なっていたため、今回花火大会付きの伊豆旅行になりました。
21時の打ち上げ開始時間まで、屋台を散歩しながら、ステージショーなども見て楽しみ、21時に点火式と同時に、花火大会がスタートしました。
普通花火大会と言えば、大混雑の中を、花火大会会場まで行き、帰りも大混雑の中必死に帰宅するのが常ですが、一泊で花火大会を観るのは、とっても快適でしたね。
なんといっても、ホテルの目の前での花火大会でしたので。

目の前の海上から打ち上げられる花火は、とっても幻想的で、時間を忘れてしまうような光景でしたね。
そして、最後のクライマックスのナイアガラは、熱川の街を一気に明るくしてしまう、すごいものでした。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川花火大会 ナイアガラ(2016年7月)


今回、はじめて、超近くでナイアガラを見たのですが、真っ暗な会場が一瞬で昼間になってしまった光景には、感動してしまったのでした。

21時30分に花火大会が終わり、ステージでのバンド演奏が続く中、今度はホテルの前で内輪「手持ち花火大会」を開催しました。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川手持ち花火大会(2016年7月)

 

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川手持ち花火大会(2016年7月)

 

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川手持ち花火大会(2016年7月)


20分くらいの間、3袋の手持ち花火を、まったりと楽しむ事ができました。
その後、恒例の熱川の街散歩。いつもは、射的などにハマる人がいるのですが、今年はみんな冷静に、軽くスル―していましたね(笑)。
ということで、5分で夜の熱川繁華街散歩は終了、5名の買い出し隊以外は、みんなホテルに戻り、ゆっくりと露天風呂へと向かったのでした。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川温泉繁華街(2016年7月)


深夜の2次会は、11時30分くらいから、宴会部屋にて開催、みんな思い思いに深夜の2次会を楽しみながら、4時くらいまで盛り上がっていた、と思います。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:深夜の2次会(2016年7月)



◆第2日目 2016年7月24日(日)
2日目の朝も、天候は、快晴のようで、薄い雲があり、真夏の日差しではない、涼し目の朝でした。
朝7時より朝食、無事にありつけることができたのは、35名中25名のみなさんでした。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川温泉朝食の風景(2016年7月)


2日目の予定は「自由行動(笑)」
今年の2日目は「海に行きたい!」と言ったのは、私だけ(汗)。
2泊組の7名は、仲良く電車で3つ北の駅「伊豆高原」のアスレチックランドへ。
メインのみなさんは「熱川バナナワニ園」へ行き、ホテルに残った組8名はプールでひと泳ぎしていました。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:プールでひと泳ぎチーム(2016年7月)


そしていよいよ昼近くになり、1泊組の、池袋・横浜行きのバスの出発時刻が、11時45分と超早い事が判明。
11時10分から、ホテル2Fのレストランで、慌ただしく昼食を取り、池袋・横浜組の10名程のみなさんは、熱川を発っていきました。
出発が早かった事もあり、池袋組の、池袋到着時刻は15時30分だったそうです。
そして、もう一つの上野組のバスが、なかなか到着せず、上野組の出発時間は、な・なんと14時。
上野組のみなさんは、1時間ちょっとの間、宴会部屋でお昼寝をすることになったのでした。

14時前に上野組も去り、残りは電車組。
残った電車組は、ダンスホールで、1時間弱の間、ダンスタイムというか、自主練習に励んでいましたね。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川温泉社交ダンス自主練タイム(2016年7月)


ダンスタイムで一汗流し、温泉でさっぱりしてから、電車組は、15時32分、伊豆熱川発の電車に乗れるよう、ホテルを徒歩で出発していきました。
伊豆高原組は、まだ戻らず、待機部屋は私一人に。
「やっぱり、残りのビーチタイムを楽しみに海へ行きたい!」ということで、水着に着替え、1人でビーチマットだけを手にして、熱川ビーチへ。
波の上でぷかぷかしていると、伊豆高原組7名が、帰ってきてすぐに水着に着替えて、海にやってきました。
そして、30分くらい、海の上でぷかぷかしながら、ビーチタイムを満喫することができました。

そして、第2日目も夕方となり、17時30分より、夕食スタート、8名でアットホームに、飲み放題バイキングを1時間楽しんで、19時よりダンスタイム。
4対4という完璧な男女比だったので、東京4期の初心者の人も踊れるように、各種目の簡単ステップを事前に見せてから、一緒に踊っていきました。
そんな1時間弱のダンスタイムを楽しんだ後、カラオケ大会がしたかったのですが、カラオケルームは予約いっぱいで使えず、手持ち花火大会を1時間前倒して、ホテル前で花火を楽しみ、熱川繁華街をお散歩、2チームに分かれて射的大会で盛り上がりながら、近くのお店で、ソフトドリンク・おつまみを買い出して、帰りに足湯に寄って、夜の足湯タイム。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川温泉足湯タイム(2016年7月)


21時過ぎには、ホテルに戻って、露天風呂で夜の海を眺めながら、至福のひとときを過ごしました。

深夜の2次会は、22時30分と早くスタート。
人狼大会は、人数不足で断念。トランプ大会、UNO大会を開催し、結果大富豪大会が一番盛り上がりましたね。
2日目の2次会は、深夜2時くらいまででお開きとなり、みんな早めの床についたのでした。

◆第3日目 2016年7月25日(月)
2泊組にとって、一番長かったのは、この3日目かもしれませんでしたね。
3日目のお天気は、快晴。やっぱり気温は30度を超えることはありませんでしたが、3日間の中で一番よい天候だったように思えます。
3日目も、朝7時に朝食、8名全員で仲良く朝食をとった後、9時半より、みんなでプールタイム。1時間ちょっとの間、ビーチボールなどをワイワイ楽しみながら、こちらもとってもいい感じでした。

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川温泉3日目プールタイム(2016年7月)


9時半過ぎにプールを出て、シャワーを浴びて、荷物をまとめはじめました。
この頃、帰りのバスの出発時刻が、12時30分ということが分かり、ちょっと余裕ができたので、30分間の卓球大会を開催。
ミックスダブルス戦で、軽く楽しむ事ができました。
11時30分を過ぎて、レストランへ移動。昼食を取りながら、バスの出発時刻までまったりとして、12時34分に、池袋行き、上野行きともに、バスは出発していきました。
途中、軽い渋滞はありましたが、前半はまあまあ順調にバスが進み、15時55分に本厚木駅前に到着「池袋には17時30分には着くだろうなぁ。」と、お話しながら、東名高速に再び乗り、16時05分頃、海老名サービスエリア入口付近で、謎の渋滞発生。
この渋滞は、たちが悪く、車が完全に停止してしまうタイプの渋滞つまり「事故渋滞」でした。
約5.5キロ先の大和トンネル内で、車2台の横転事故が発生したらしい。
そのため、バスは全く進まず、2時間で進んだのは2km程度という、完全にハマりました。
「もう2km手前だったら、圏央道八王子経由のルートがあったのに」「本厚木で降りてれば17時過ぎには新宿に着いていた」「本厚木に寄らなければ、もっと早かった」「14時50分休憩からトイレが、、、」など、みんなの頭の中でいろいろ雑念を巡らしながら、上野組がラインでの「18時過ぎに無事上野駅に到着しました(※注:上野組のバスは、同じ時刻にホテル出発も、本厚木には寄らなかったので、その分渋滞区間を抜けるのが早かったのだ)」という情報で、みんなさらにヘコむ。
事故処理が終わり、その大和トンネルをやっと通過できたのは、18時30分。
やっとの想いで港北パーキングエリアにたどり着き、ほっと一息。
そして、バスは再出発し、順調に進むも、池尻で中央環状線には入らず、都心環状線霞ヶ関を経由して、北池袋に出て、池袋駅西口に到着したのは、19時42分(乗車時間7時間8分)という、7時間を超える超長旅だったのでした。
過去の最遅記録を調べてみましたら、3年前の3連休で行った15期伊豆ツアーの上野到着時刻が19時30分(乗車時間6時間40分)でしたので、この記録を久々に更新してしまいましたね。

こんな感じで、今年の伊豆ツアーは「1日目の昼食にありつけなかった」「結局カラオケ大宴会が2日ともできなかった」「卓球と共同使用で、ダンスホールが使いにくかった」「3日目の上野組の7時間乗車」というこれまでにはなかったハプニングがありましたが、1日目の海では男女とも全員が水着で海を楽しみ、その夜の夏のダンスパーティータイムも盛り上がり、そして幻想的な花火大会も楽しみ、その他、ワニ園やプールやアスレチックランドや、昼食・夕食飲み放題バイキングも楽しむ事ができた、とっても楽しいツアーだったと思います。

今回も、参加者のみなさま一人ひとりのお気遣いにより、無事に2016年のCDC伊豆温泉花火大会ダンスツアーを催行することができました。今年もたくさんのみなさまのご参加、そしてご協力、誠にありがとうございました。
また来年も、みんなで真夏の伊豆へ行きましょう♪

2016年7月CDC伊豆ビーチ花火大会ツアー
↑写真:熱川ビーチタイム(2016年7月)
◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆ヤングサークルCDCのブログ:http://cdcnakano.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html

鬼怒川温泉ダンスツアー2016年6月4日(土)〜5日(日)

  • 2016.06.06 Monday
  • 07:34

鬼怒川温泉ダンスツアー2016年6月4日(土)〜5日(日)

二日間お疲れ様でした♪
2016年6月鬼怒川温泉ダンスツアー
↑写真:鬼怒川大吊橋にて(2016年6月)
【初夏の鬼怒川温泉ダンスツアーの感想】

 CDCは、2016年6月4日(土)〜5日(日)の一泊二日で、栃木県鬼怒川温泉へ『CDC初夏の鬼怒川温泉ダンスツアー』に行ってまいりました。
 今回は、男性4名・女性4名の8名の予定でしたが、男性1名前日飲み過ぎによる体調不良のため、7名での開催となりました。

 当日6月4日(土)朝の天候は晴れ。梅雨の季節ということもあり、ここ2年間は、雨模様でのツアーでしたので、ひさびさの好天での鬼怒川ツアーといった感じでした。
 また、この朝に、埼京線でトラブルがあり、遅延していましたが、バスの出発10分前になんとか全員が到着、バスは予定通り出発いたしました。

 またこの日は、ヤング社交ダンスサークル『ステップワン池袋』さんも、日光中禅寺湖へのダンスツアーということで、待ち合わせ場所、出発時刻が一緒で「ステ池さんは山へ芝刈りに、CDCは川へ洗濯に、、、」といった感じでしたね。

 バスは、出発してから順調に高速道路を走り、11時30分頃に、鬼怒川温泉のレストランに到着、ゆっくりと昼食をとり、ホテルに到着。
 初夏の濃い緑の山々や、渓谷を流れる鬼怒川がとっても美しかったですね。
2016年6月鬼怒川温泉ダンスツアー
↑写真:鬼怒川渓谷を見下ろす(2016年6月)

 まずは、荷物を部屋に置いてお散歩へ。
 しかし、吊橋へと通じる川沿いの遊歩道は、工事の為閉鎖、吊橋を渡ってからの展望台も通行止め、、、と、鬼怒川温泉の魅力ある観光ポイントが、年々災害でなくなっていくように思えました。
 ということで、普通の道路を歩いて、南鬼怒川の唯一の観光ポイントである吊橋に到着。揺れる吊橋を渡り、対岸に到着、そしてゆっくりとホテルへと戻っていったのでした。
2016年6月鬼怒川温泉ダンスツアー
↑写真:(2016年6月)鬼怒川吊橋のたもとにて


 14時10分頃より、ダンス着に着替えて、ダンスタイム開始。
 今年は、土日にも関わらず、ホテルのダンスホールで社交ダンスを楽しんだお客は、CDCグループのみでした。
 5年前の同じ土日の週末は、普通に50人以上の人がダンスホールで所狭しと社交ダンスを楽しんでいて、ホテルの宿泊客の半分以上はダンス客といった感じだったのですが、時代は変わったものです。
2016年6月鬼怒川温泉ダンスツアー
↑写真:(2016年6月)鬼怒川温泉貸切ダンスホール

 ホテルの玄関に書いてある、歓迎、、、ご一行様の一覧にも、近年は「・・・民謡の会」など、団体さんの名称もさまざまなものが書いてありました。

 そんな、他のお客さんが全くいない貸切状態でしたので、半年前の熱川でもやりました「10ダンスレッスン会」を今回も開催、17時までの3時間、1種目15分〜20分づつ、基本ステップルーティンを設定して、どんどんと踊っていきました。
 実にたっぷりと踊ることができましたね。
 17時を過ぎて、川沿いの緑の渓谷の景色を眺めながら、温泉露天風呂で汗を流し、18時15分より飲み放題バイキングの夕食がはじまりました。
2016年6月鬼怒川温泉ダンスツアー
↑写真:(2016年6月)夕食バイキングの一コマ

 みんな、食べ過ぎず、飲み過ぎず、しっかりと自己管理しながら、1時間の夕食を楽しみ、そして19時20分より1時間30分の間、2回目のダンスタイムを楽しみました。
 ということで、土曜日だけで、5時間近く、みんなで10ダンスを楽しむ事ができましたね。
 21時になり、ダンスタイム終了、ホテル内のカラオケボックスで、1時間弱のカラオケタイムを楽しみました。
 いつもは、宴会場での絶叫系カラオケ大会が主流だったのですが、カラオケボックスでのカラオケタイムも楽しかったです。
2016年6月鬼怒川温泉ダンスツアー
↑写真:(2016年6月)カラオケボックス

 22時になり、みんなで外に出て、橋を渡り、2次会の飲み物とおつまみを買い出して、ホテルへ。
 22時45分から、予約していた貸切露天風呂へ、今買いだしたばかりの缶ビールなどを1人1本携えて、2カ所に分散して、お酒を飲みながらの30分の至福の露天風呂タイムを楽しんだのでした。
 その後、大浴場でゆっくりとお風呂に入りましたが、男性風呂は他にお客がいませんでしたので「CDC大浴場水泳大会!」を開催(笑)、さらに疲れたといった感じでしたね。

 深夜0時すぎより、2次会がスタート、お酒をおつまみを交えて、みんなで楽しみながら、いつの間にか「人狼大会」となり、3時半までハマりながら、4時前にお開きとなったのでした。
 それから2時間ちょっと寝て、7時より朝食、5名のみなさんが、美味しい朝食にありつけました。

 チェックアウトして朝9時30分より、ダンスタイム開始、この朝も他に誰もダンス客がいませんでしたので、11時20分までのたっぷり2時間、10ダンスを順番に踊っていくことができました。
 そして、着替えをして、バス乗り場に歩いていき、12時10分頃にバスは鬼怒川を出発、途中昼食をとり、佐野SAでバスを乗り換えてステ池芝刈り組と合流、15時40分に池袋へ到着、健全に解散となったのでした。

 今回の鬼怒川温泉ダンスツアーは、これまでで一番踊ったような気がします。1日目昼に3時間、夜に1時間半、2日目朝に2時間と、2日で6時間以上みんなで踊っていた気がします。
 ダンス客が他にいなくて、音楽が自由に使えたので、レッスンスタイルの練習会をすることができました。これからは、こんな楽しみ方ができるのだな、と嬉しく思いました。
 21期のみなさんも、2ヶ月で全10ダンスが正直普通に踊れるようになってしまいましたね。
 といった、充実感たっぷりの鬼怒川温泉ダンス合宿となりました。
 参加者のみなさま、2日間お疲れ様でした&ご参加ありがとうございました。

 次回のCDC温泉ダンスツアーは、来月7月23日(土)〜25日(日)の2泊3日で、静岡県の伊豆へ『CDC真夏の伊豆温泉ビーチダンス花火大会ツアー』を開催いたします。
 今回の伊豆は、偶然にも花火大会の日と重なりましたので、1日目の夜は5千発の花火大会と露店が、ホテルのすぐ前で楽しめますので、どうぞお楽しみに♪

 それでは、来月の温泉ダンスツアーも、みんなで一緒に楽しみましょう♪

◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆ヤングサークルCDCのブログ:http://cdcnakano.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html

熱海温泉露天風呂夜景ダンスホールツアー2016年4月24-25日

  • 2016.04.26 Tuesday
  • 07:40

★熱海の日本一の夜景ダンスホールで踊ろう★

−2016年4月24日(日)〜25日(月)熱海温泉ダンスツアー−
二日間おつかれさまでした♪
 
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海金城館の夜景夕食バイキング(2016年4月)

【熱海温泉夜景ダンスホールツアーの感想】

 CDCは、2016年4月24日(日)〜25日(月)の一泊二日で、静岡県の熱海温泉へ『熱海の日本一の夜景ダンスホールで踊ろう♪』ツアーを、開催いたしました。
 今回は、ダンスパーティーの開催日が、日曜の夜ということで、日〜月にかけての一泊二日でのツアーという日程でしたが、それでも男性4名・女性4名の合計8名のみなさんにご参加いただき、とても楽しい温泉ツアーとなりました。

 4月24日(日)朝の天候は、霧雨。
 未明は、ちょっと強めの雨が降っていましたので、あいにくのお天気でしたが、8時頃に駅に向かう時には、小雨になり何とか傘をささずに駅に向かうことができました。
 集合場所である、小田急線5番線ホームには、9時10分集合で21分発の電車に乗る予定でしたが、10分前に全員集まりましたので、1本早い9時11分発の小田原行きに乗る事ができました。
 1時間40分かけて、のんびりと小田原へ。小田原へ着くころに、やっと雨が止んだ感じでしたが、気温は低かったですね。
 小田原からは、JRに乗り換えて25分で熱海に到着。
 そのままタクシーに乗り、11時45分くらいに、ホテルにあっという間に到着、荷物を置いて、早速まずは熱海の街を散策に出かけました。
 まずは、海沿いのヴェニーズレストランで、ランチを食べてから、10分くらい商店街を歩いて『お宮の松』に到着。
 ただの像なのですが、熱海に来たからには、一度は見ないと、といった感じの像です。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海のお宮の松にて(2016年4月)

 そして、熱海のビーチへ。浜辺沿いを、南へ向けてお散歩。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海のビーチにて(2016年4月)

 雨も止み、日中も陽射しもなく、結構涼しい日だったので、お散歩は捗り、ロープウェイ乗り場まで歩いてしまいました。
 勢いで、山麓駅から日本一短いといわれている、ロープウェイに片道乗車、一気に展望台へ。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海市街の景色(2016年4月)

 秘宝館や熱海城には入場はしませんでしたが、熱海城まで軽く登り、熱海市街の景色を楽しみました。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海城(2016年4月)

 そして、そこから徒歩で20分くらい下って、ホテルに戻りました。
 ホテルには14時40分くらいに到着、15時にチェックイン、今回は参加者8名で、8部屋のプランでした。
 部屋も広く、宴会部屋は、12畳部屋に、テラス、5畳の別室、3畳の前室と、合計21畳+テラスという、超巨大部屋でした(笑)。
 まずは、軽く着替えて、1Fのダンスホールへ。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海金城館のダンスホール(2016年4月)

 ダンス客は、誰もいなく、貸切状態で、17時までの間、フリーダンスタイムを楽しみました。

 そして温泉露天風呂で一息つき、露天風呂でみんなでまったりと会話した後、18時より9Fのレストランで、バイキング飲み放題の宴会を開催いたしました。
 な、なんと熱海の夜景の景色が抜群の、コーナー席を割り当てられ、みんなテンションが上がります。
 バイキングメニューの料理も、おいしいものばかりで、みんなスワイガニの食べ放題で、カニと格闘する姿が面白かったですね。
 代表は、結局自分を制御できず、食べ過ぎ・飲み過ぎで最後の30分間はダウン(汗)。

 19時30分に、宴会は終了して、少し休憩してから、19時20分にタクシーに乗って、今回のツアーのメインイベント『日本一の夜景ダンスホール』でのダンスパーティーに、ホテルニューアカオへと向かいました。
 5分もかからずに、ニューアカオへ到着、ダンスパーティー会場に入ると、横の窓から素晴らしい熱海市街の夜景が、、、
 約5年ぶりのダンスホールでしたが、やっぱりフロアーも広く、踊りやすい。

 そして、今回はクラブツーリズムさんのツアー客もたくさんいまして、合計100名を超えるお客さんでとっても賑わっていましたね。
 この点が、5年前に行ったときの20人程度しかいなかった(実際はそのうち17名がCDCだったので、一般客は数人程度だった)パーティーとの、大きな違いでした。
 フロアーの広さと、参加人数がちょうどいい感じでテンションの上がるパーティータイムでしたね。
 かかる曲的には、ワルツ、タンゴ、スロー、ジルバ、ルンバ、チャチャチャ、そしてサンバも結構かかりました。
 パーティーの雰囲気的には、スローでブルースを踊る人や、ジルバでクイックやジャイブを踊る人はほとんどいませんでしたね。
 そして、1曲の長さは、最初の1時間は1曲1分20秒くらいに、後半はもう少し短く1分ちょっとくらいになっていたような感じがしました。
 テンポも、結構ゆっくりめで、とっても踊りやすかったですね。
 そんなパーティーの雰囲気に合わせるように、みんなで楽しんでいたら、あっという間に2時間になってしまいました。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:ホテルニューアカオダンスホール前(2016年4月)

 22時30分になり、退散。待たせてあったタクシーに乗って、あっという間にホテルに到着。
 そこから運転手さんに教えてもらった一番近いセブンイレブンへ、歩いて上り坂を上がっていきましたが、なかなかたどり着けず、あきらめる直前でやっとたどり着き、2次会の飲み物、おつまみを調達して、ホテルに戻ったのは、23時20分くらいでした。

 まずは、温泉で一汗流し、4人で缶ビールを飲みながら、外気は冷えて、温泉はぬるめで、しかもぽかぽか温まる露天風呂は、格別でしたね。

 深夜の2次会は、0時過ぎより、広〜い部屋ではじまりました。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海金城館の21畳大宴会部屋(2016年4月)

 代表あっという間に脱落(涙)。
 残った6人は、3時すぎまでトランプなどで盛り上がり、その後、ふなっし〜さんのお部屋にて、第1回CDC枕投げ大会が催され、結構盛り上がったようでした。

 翌朝4月25日(月)、みんなで朝8時に一緒に朝食を食べよう!と話していましたが、8時にレストランにたどり着けたのは2名のみ。
 8時30分になり、やっと5名になり、まったりと朝食を楽しみました。
 食後は、豪華なホテル内のお庭を散歩、とても心地よい気持ちに浸ることができました。
2016年4月熱海温泉ダンスツアー
↑写真:熱海金城館の庭園(2016年4月)

 そして9時40分くらいから、朝のダンスタイム。
 当初はフリーダンタイムだったのですが、だんだんとステップ講習会に移行していき、それがなんかいい感じの雰囲気で気合いが入っていき、新しい事をたくさん学ぶ事ができました。
 そして、あっという間に11時30分になってしまいましたので、ラストルンバ・ラストワルツで打ち上げ、各自お部屋のシャワーで一汗流して、チェックアウト、12時発の送迎バスで、熱海駅へと戻っていきました。
 駅前では、海鮮料理屋さんでお昼ご飯を食べて、おみやげタイムを20分程とり、13時12分発の電車で熱海を後にしたのでした。
 そして小田原で、東海道線組と、小田急線組とに、4対4に別れて、熱海温泉夜景ダンスホールツアーは、解散となったのでした。

 今回の熱海ツアー、予想以上の満足感がありました。
 熱海の観光もでき、一度行ってみたかったホテルのお部屋は広く露天風呂も庭園も良く、夕食バイキングの眺めの良さや料理も美味しく、そしてホテルニューアカオの夜景ダンスホールパーティーは、とてもいい雰囲気で、そして翌日の午前中のダンスタイム、レッスンタイムも充実してしまいました。
 ホテルニューアカオの、日曜開催の夜景ダンスホールパーティーは、本当になかなか開催されないのですが、またスケジュールがあいましたら、今回参加できなかったみなさんも、一緒に熱海へ行きましょう。
 とっても満足できる雰囲気がありました。

 最後になりましたが、日〜月開催となりました、今回の熱海ツアーにご参加いただき、2日ともとってもいい雰囲気で楽しんでいただいたみなさま、2日間大変お疲れ様でした&どうもありがとうございました!

◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆ヤングサークルCDCのブログ:http://cdcnakano.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html
 

塩原温泉ダンスツアー2016年2月13日(土)〜14日(日)

  • 2016.02.15 Monday
  • 21:34

2016年2月13日(土)〜14日(日)塩原温泉ダンスツアー
―2日間おつかれさまでした!―

2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:塩原温泉湯けむり会館ダンスホール(2016年2月)

 CDCは、2016年2月13日(土)〜14日(日)の一泊二日で、栃木県の塩原温泉へ『CDC真冬の塩原温泉ダンスツアー』に行ってまいりました。
 今回の参加者数は、男性5名・女性5名の合計10名と、そんなに多い人数ではありませんでしたが、とてもアットホームに、ダンスに、宴会に、散歩に、深夜の二次会にと、すごく楽しむ事ができました。

 2月13日(土)、前日の天気予報では、この週末は大荒れとなる予想でしたが、朝は結構暖かく、太陽も時々顔をのぞかせる、4月の朝のような雰囲気の朝となりました。
 集合も、みなさんとてもいい感じで集まり、バスの出発20分前には、無事に全員揃い、バスは池袋駅を出発いたしました。
 冬の嵐の予報からか、高速道路はとても順調に進み、10時前には佐野坂SAに到着してしまいました。

 しかし、今回の送迎バスは、SAでお客さんを、行先毎に乗り換えるシステムが稼働していました。
 CDCチームは、乗り換えはしなくても良かったのですが、もう一つのバスの到着が遅れ、待たされて佐野坂SAを出発したのは、10時55分でした。
 ということで、1時間近くサービスエリアで足止めとなったのでした(泣)。
2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:足止めとなった佐野坂SAにて(2016年2月)

 バスが出発してからは、とっても順調に進み、12時25分くらいに、ホテルに到着、そしてチェックイン。
 この日は、現地もとっても温かく、みんな上着を脱いで近くの昼食屋で、軽く昼食。
 その後、温泉街の川沿いを散歩し、吊橋を渡りました。
2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:塩原温泉街にある吊橋にて(2016年2月)

 さらに、遊歩道を歩いて行こうとしましたが、通行止めとなっていまして、川沿いの露天風呂を横目に、ホテルへと戻り、30分程の散歩をみんなで楽しむ事ができました。
2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:吊橋の上からの眺め(2016年2月)

 お部屋に戻り、着替えをして、ホテル内のダンスホールへ。
 ホテルのダンスホールは、数年前ほどの混雑はありませんでしたが、ここ1、2年よりは、賑やかになっていましたね。
 数年前は、10人単位のダンスサークルの団体がいくつかで賑わう感じでしたが、最近は、5名以下のほとんど個人的なグループにアテンダントを呼んで楽しむ形が主流のようです。

 そんな、ほどほど賑わうダンスホールで、他のダンサーに配慮しながらダンスタイムを楽しんでみる体験にもなりました。
2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:塩原温泉ホテル内のダンスホールにて(2016年2月)

 2時間程、ダンスタイムを楽しんで、16時半から、温泉で一汗流して、宴会場へ。
 17時30分より、10名で飲み放題カラオケ大宴会がスタートしました。
2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:塩原温泉今回の宴会場にて(2016年2月)

 幹事「10名で2時間のカラオケ大会は、はたしてどうなるだろうか? 曲が続くだろうか? 盛り上がるだろうか?」という心配が若干あったのですが、食事がはじまって30分後から、代表の『バレンタイン・キッス♪』でスタートした、カラオケ大宴会は、予想外の盛り上がりを見せ、参加者全員がどんどん曲を入れていき、いつもは歌わないおおえちゃんまでが、何曲か歌うという、記憶に残る大宴会となりました。

 今回の宴会場のカラオケシステムの音響がとっても良く、隣の部屋も盛り上がっていたので、大音量・高音質でのカラオケが、さらにみなさんのテンションを高くしてくれました。
2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:塩原温泉今回の宴会場にて(2016年2月)

 こんな感じで、塩原温泉のホテルの設備は、かなり良く、夏にも行きたくなりましたね。

 2時間、とにかく飲み、食べ、歌った宴会も、19時30分に終了し、部屋に戻って着替えて、20時のバスに乗って、ホテル近くのダンスホールへ。
 50分の生バンドダンスタイムを含む、計1時間30分のダンスタイムを、みんなで楽しみ、大宴会の影響か、最後の方は、みんなヘロヘロでした。
2016年2月塩原温泉ダンスツアー
↑写真:塩原温泉湯けむり会館のダンスホール(2016年2月)

 ダンスタイムは、21時30分に終了し、昨年は閉店していた、ホール近くのコンビニエンスストアが、復活営業しているのに、驚きながら、2次会のおつまみとお酒を買い出して、ホテルへと歩いて戻りました。

 ゆっくりと大浴場で、温かい温泉につかり、23時くらいから、深夜の2次会はスタートいたしました。
 が、代表、大宴会で飲み過ぎたのと、前日の金曜CDC、前々日の練習着10ダンスの影響で体力が続かず、12時で早々に脱落、残った9人のみなさんは、3時〜4時まで、ゲームに会話に盛り上がったのでした。

 2月14日(日)朝7時の朝食には、9名のみなさんでまったりと、そして9時30分から11時10分まで2時間近く朝のダンスタイムを楽しみ、そして帰りのバスが11時40分位に出発となりました。

 途中、昼食を食べて、心地よい爆睡の中、高速道路を順調に進み、14時15分には、羽生SAに到着、休憩を入れても、16時前には余裕で池袋駅に到着するペースでしたが、帰りのバスでも乗り換え待ちが発生。
 草津温泉からの合流バスがなかなか到着せず、延々と待つこととなり、羽生SAには、なんと1時間15分の足止めに(泣)。
 運転手さんが、もうまいっている感じだったので、誰も文句をいうこともなく、黙って待ち続けていましたね。

 15時30分に、やっとバスは再出発して、16時30分に池袋駅に到着、解散となりました。
 そして、その後の神田でのCDC東京週末版には、3名のみなさんが移動して、その他のみなさんは帰宅したのでした。

 こんな感じで、2016CDC真冬の塩原温泉ダンスツアーは、行き帰りのサービスエリアでの予想外の待ち時間はあったのものの、それ以外の部分では、ホテルの設備もよく、ダンスホールもとっても楽しめ、宴会も盛り上がり、とても楽しい2日間をみんなで過ごすことができました。
 ツアー中のみなさんのお心遣いに感謝いたします。

 次回のCDC温泉ダンスツアーは、2ヶ月後の4月24日(日)〜25日(月)の、ゴールデンウィーク前の日〜月という一泊二日の日程で、静岡県の熱海温泉へ行く予定です。
 こちらでは、宴会後に、タクシーで、日本一の夜景ダンスホールに移動して、ダンスタイムを楽しむ予定ですので、月曜日に休暇がとれそうな方は、ぜひぜひご参加をお待ちしております!

◆若者社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html

CDC大阪チームマッチ競技会参戦ツアー2015年12月12日(土)

  • 2015.12.14 Monday
  • 19:27

15年12月12日(土)〜13日(日)大阪競技会参戦ツアー

大阪へ社交ダンスしに行きまっせ〜♪

おつかれさまでした!

 
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:CDC大阪競技会参戦ツアー(2015年12月)

【CDC大阪競技会参戦ツアーの感想2015年12月12日(土)】

 ヤング社交ダンスサークルCDCは「大阪のチームマッチ社交ダンス競技会に参戦してみよう!」と、2015年12月12日(土)のJDC西部主催『第4回ゴールデンパレスカップ チームマッチ』に、8名でCDC東京チームとして、参戦してまいりました。
 そして、ついでに大阪観光も楽しんでまいりました。参加者のみなさま、大変お疲れ様でした!

 12月11日(金)第1日目、天候は午前中強い雨、午後は時々霧雨。
 今回は、12月12日(土)が大会日ということで、当日に大阪入りしておいた方が楽だとことで、前日の11日(金)にみんなそれぞれ大阪入りいたしましたね。
 東京の朝は、とても強い雨が降っていて、まず荷物を持って、自宅から最寄りの駅まで行くのに苦労したツアーのスタートとなりました。

 大阪前日入りの利点といたしましては、まず安心できるということの他に、1日余分に観光、特に平日なので公演のチケットがとりやすいという点でした。
 ということで、金曜の午前中に大阪に到着し、まずは宝塚へ。目的は、宝塚歌劇団を一度見てみること。
 なぜなら、社交ダンスをはじめる女性のみなさんは、なぜか宝塚が大好きだからです。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:宝塚大劇場の入口(2015年12月)

 「宝塚って何?」からはじまり、話を聞くうちに宝塚大劇場で一度見てみることをお勧めされ、社交ダンスとの共通点を探りに行くことにしました。
 金曜なので、当日券もあるみたいで、大阪からJRで宝塚駅へ。そこからデパートの中や、花のみちを通って到着、本場の宝塚大劇場での公演を見ることができました。
 なるほど、、、劇もショーも、とっても感動的でしたね。
 音響はすべてステージ下の生バンド、総勢70人くらいでのとても華やかなステージでした。
 社交ダンスと何か共通点を感じたのは、華麗な衣装、しっかりとした立ち方、振る舞い、男女組んで踊るダンスシーン、といった所でしょうか。
 そんなとても勉強になった宝塚大劇場での観劇でした。

 終演後は、阪急電車に乗り、梅田へ。そして大阪駅近くのホテルにチェックイン。
 そして夜は、地下鉄に乗って難波へ。目的は、吉本新喜劇を見ること。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:吉本新喜劇入口(2015年12月)

 こちらも週末のチケットは完売だったのですが、金曜の夜はまだ当日券もあり、ラッキー。
 1時間ちょいの新喜劇と、1時間弱のマジックショーを取り入れたイリュージョンショーを楽しむことができました。

 終演後は、近くで飲んでいた他のCDCチームと合流して、1時間ちょいの難波での飲みを楽しみ、お店を出て、有名なえびす橋と、その隣のグリコの看板へ。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:大阪なんば えびす橋(2015年12月)

 ここが良くテレビやアニメに出てくる所だ、と感動しながら、水際の風景を楽しみました。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:グリコの看板の前でみんなで(2015年12月)

 第1日目の金曜は、このような感じでお開きとなり、ホテルと戻っていったのでした。

 12月12日(土)第2日目、天候は晴れ。競技会は午後からだったので、午前中は観光ということに。
 まずは大阪城へ。8時頃から、雄大なお濠の周りを散歩しながら、9時に大阪城に入り、てっぺんまで階段で登ったら、バテました。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:大阪城(2015年12月)

 大阪城からの、大阪の風景を楽しみ、そして、待ち合わせ場所の天王寺駅前に移動。
 無事にみんな集まり、歩いて通天閣へ。
 通天閣も、なかなか味のある場所でしたね。各お店のド派手な看板を楽しみながら、通天閣タワーで上まで昇り、通天閣からの大阪市の風景や、通天閣の歴史を勉強することができました。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:通天閣(2015年12月)

 ここも、何かとテレビでよく見る風景だったので感動。
 帰りは、みんなでたこやきを食べてから、お昼12時過ぎに一次解散。競技チームは、ホテルに戻り、髪上げなどの準備開始。

 15時に、会場の競技会場である、ゴールデンパレス大阪に最集合。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:大阪チームマッチのフロアー(2015年12月)

 控室で準備して、16時過ぎに、入場行進開始。
 今回のチームマッチは、仮装ありということで、関西のみなさんの仮装がとても良かったですね。
 この関西の人々のノリの良さが、とっても憧れるところでもありますね。
 今回のCDCチームは、1チーム。
ルンバは、とってぃ&ゆうき組、タンゴは、とーる&はるな組、チャチャチャは、あお&おおえ組、そしてルンバはあお&ゆうこりん組で挑む事になりました。
 え?代表?代表は、この大会勝ちたかったので、マネージャーに専念し、プラカードを作成する活躍をいたしました(笑)。
「どーしても、勝ちたかったんやー」

 競技に入り、チームマッチの出場チーム数は、13組。1次予選は、全チーム通過、準決勝で6組に絞られて、そして決勝へ。
 チームマッチは、1回1回のダンスが、チームを背負っているので、サークル競技会よりも重いですね。
 また、アウェイですし、仮装もありの大会なので、ジャッジがどんな感じの評価をするか分からないので、とにかく謙虚にみんな全力で取り組んでいましたね。

 第一関門は、13組から決勝の6組に残れるか?
 13組での準決勝でしたが、このくらいのフロアーの混雑度は、CDCサークル競技会で慣れっこですね。
 CDC東京のゼッケン40番は、無事にコールされ、決勝戦へ。
 6組での決勝戦も、みんな超気合いが入ったダンスを見せてもらい、いよいよ結果発表。
 結果は、、、「優勝、ゼッケン番号40番、CDC東京!」
 ということで、CDCは、関西にて、チームマッチの初タイトルを、見事に手に入れたのでした。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:優勝トロフィーと賞状・メダル(2015年12月)

 4組のみなさん、プレッシャーを感じながらも、とても良くがんばったと思います。
 詳細の結果のリンクは、JDC西部のホームページよりこちらに載っていますので、一度ご参照くださいませ。
 一方で、このチームマッチには、関西のヤング社交ダンスサークル2チームも出場していました。
 1つは、CDC第11期のしむしむさんと15期のあかねさんペアーが、大阪転勤で所属している「GRAND JETE」チーム、もう1つは、数か月前に誕生したばかりの「古畑ダン三郎」チームでした。
 「GRAND JETE」チームは第2位、「古畑ダン三郎」チームは、3ヶ月程度の練習で第8位と、とても健闘したと思います。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:チームマッチ1位、2位で一緒に(2015年12月)

 それぞれのチームのレポートは、こちらのブログ「GRAND JETE」「古畑ダン三郎」に載っていますので、ご参照くださいませ。

 試合後は、18時に会場を後にして、電車で天満橋へ。せっかくの機会ですので、大阪の社交ダンスサークル「GRAND JETE」にお邪魔することにしました。
 ここの会場は、天満橋駅直結の、京阪シティーモールという、デパートの中に、ダンススタジオがあり、とっても新鮮でした。
 早速着替えて19時よりサークルレッスンスタート。CDCチームも合わせて、20名位のみなさんが集まり、今夜はスローフォックストロットということで、1時間たっぷりとスローフォックストロットを楽しみながら、学ぶ事ができました。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:大阪天満橋のダンススタジオ(2015年12月)

 サークル後の20時半からは、近くの居酒屋に移動して、交流懇親飲み会が開かれました。
 24名くらいの参加者が集まり、菅先生をはじめとする「GRAND JETE」のみなさん、「古畑ダン三郎」チームのみなさんなど、大会出場者やサークル参加者ほぼ全員が出席して、とても良い感じの懇親会が繰り広げられましたね。
 みんな、大阪のヤング社交ダンスサークルを盛り上げていこう、という情熱がすごく感じられて、とても感動的でした。
 また、東京大阪合同で、何かイベントやりたいですね、という感じで、飲み会も東京・大阪が固まらずに、みんな混ざってとても楽しい時間を過ごすことができました。
 懇親会終了後も、15名くらいのみなさんが残り、3次会へ次の菅先生ご用達のお店へと、夜の大阪の街に消えていったのでした。

 12月13日(日)第3日目、天候は晴れ。
 3日目は、みんなのんびりと東京に帰るだけだったので、各自自由行動。
 昨日の懇親会で、あと見ておいた方が良いと推薦してもらった場所「天保山」と「三輪山」に、帰りの新幹線に乗る前に行くことにしました。

 ホテルを朝7時半前に出発、まずは大阪港の天保山へ。標高4mくらいの日本一低い山だそうです。
 実際行ってみると、普通の公園の中に三角点が、、、
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:大阪天保山(2015年12月)

 港にある、ただの公園だったのですが、歴史を感じることができましたね。
 大阪のベイサイドを楽しむこともできたのでした。

 そして、その後すぐに、今日のメインイベント「三輪山登山」へと向かいました。
 パワースポットでもあり、古事記、日本書紀などの記録に残る日本で一番古い神社でもあり、そして三輪山自体が御神体の山で、ぜひ一度登ってみるのが、とってもお勧めなんだそうです。
 場所は、な・なんと奈良県。大阪港から、地下鉄で鶴橋へ行き、近鉄に乗り、奈良県の桜井駅まで、そこからJRに乗り換えて三輪駅に到着しました。
 大阪市内から、いきなり山里に到着してしてしまった感じでした。

 10時に三輪駅に到着して、まずは、大神神社で参拝して、そこから登山口の神社に行って登山許可をもらい、鈴の鳴るたすきをかけて、10時30分登山開始。
 荷物預り所に恵まれず、3日分の荷物を背負い、普段着にビジネスシューズでの登山は結構きつかったですが、約40分で登頂。山頂の岩々には、壮大さを感じ、来て良かったな、と思いましたね。

 山頂での神の静けさの雰囲気を、10分近く楽しんで、11時20分に下山開始。12時20分に再び三輪駅へと到着したのでした。
2015年12月大阪競技会参戦ツアー
↑写真:奈良県三輪山大神神社(2015年12月)

 そこから、再びJR、近鉄、JRと乗り継いで新大阪駅へ、14時43分発のこだま号で、東京へと戻り、19時前に東京に到着、CDC大阪競技会参戦ツアーは無事終了となったのでした。
 そこから、中野へ行き、練習着10ダンス競技会直前自由練習会へ。そこでは半分寝てしまっていたのでした(汗)。

 今回の大阪チームマッチ参戦企画は、確か10月の中旬頃に持ち上がった話だったのですが、大阪という遠方にもかかわらず、8名のみなさんが参加し、当日のチームマッチ競技会では、見事に優勝を勝ち取り、大阪のヤングサークルのみなさんとの交流を深め、そして大阪の観光もたっぷりと楽しむことができた、とっても中身の濃い、インパクトのある3日間となりました。
 3日間で、たこ焼きを10種類買ったと思います。たこ焼きを食べまくった3日間でもありました。

 JDC西部のホームページによりますと、来年の大阪ゴールデンパレスチームマッチは、2016年11月26日(土)の予定だそうです。
 最低2組で1チーム作る事が可能ですので、来年は開会式での、CDC東京チームのトロフィー返還もあるので、興味ある方はぜひ予定を入れて、大阪チームマッチと大阪観光を楽しんでみてくださいね。

 最後になりましたが、しむしむさん、あかねさん、大阪では、飲み会の幹事・運営など、とってもお世話になりました。いろいろと、どうもありがとうございました。
 そして、大阪ツアーにご参加いただきました8名のみなさま、3日間大変お疲れ様でした!

◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆CDC東京若者社交ダンス:http://c-dc.org/tokyo.html

◆ヤングサークルCDCのブログ:http://cdcnakano.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html

CDC伊豆熱川温泉社交ダンスツアー2015年12月5日(土)〜6日(日)

  • 2015.12.07 Monday
  • 07:22
初冬のCDC伊豆熱川温泉社交ダンスツアー 2015年12月5日(土)〜6日(日)

 CDCは、2015年12月5日(土)〜6日(日)の1泊2日で、静岡県の伊豆へ『CDC初冬の伊豆熱川温泉社交ダンスツアー』へ行ってまいりました。
 今回の参加者は、男性2名・女性3名の合計5名という、こじんまりとした人数でしたが、現地では社交ダンス合宿のような感じで、ダンスをがっちりと踊り、そして、温泉露天風呂や宴会も楽しむことができました。

 12月5日(土)、天候は快晴。最近、熱川行きのバスが、池袋からも出発できるようになったので、今回は池袋に集合しました。
 8時20分には全員が揃い、バスは出発、すぐに地下に潜り、一気に東名高速に入り、冬の伊豆へは驚くほど近く、1時間40分で、小田原のさらに先まで行ってしまいました。
 休憩後、さらに1時間40分で、12時前には、熱川に到着してしまいました。
 伊豆は、南国でしたね。東京よりもずっと温かかったです。

 まずは、みんなで海の見えるレストランで昼食をとり、そしてホテルへチェックイン。
 そして1時間ほど、海に出て、岸壁に行ったり、足湯に浸かったりしながら、快晴の海沿いを楽しみました。


 その後ホテルに戻り、1時間ほど試しに演劇ショーを見てみることになりました。
 しかし、これが大失敗。
 見たのは、演劇ショーではなく、歌謡・踊りのショーで、1時間で約10曲ちょっと、これがなかなかの退屈さで、途中から退出しようとも出られず、みなさんにとりましては、ちょっと余計な1時間となってしまいましたね。
 代表反省しました。

 そんなショーが終わり、15時より、ダンス着に着替えて、ホテル内のダンスホールで、ダンスタイムとなりました。


 今回の、温泉ツアー参加者は、男性陣は、みな一応踏歴数年以上、女性陣は全員踏歴2ヶ月以内ということで、「とりあえず10ダンスを全部踊ろう!」ということになり、ワルツから順番に踊っていきました。
 8種目目のルンバを終わったあたりで、16時30分を過ぎて時間切れ、そこで打ち切り、17時30分からの飲み放題夕食前の温泉露天風呂となりました。
 温泉は、内湯が熱湯状態で、誰も入れず笑、外の露天風呂は、とっても気持ちが良かったですね。

 17時30分より、夕食開始。みんなほろ酔いになりながら、美味しい夕食の時間を堪能したのでした。
 たくさん飲み、たくさんお話しましたね。

 夕食後19時過ぎから、食後のダンスタイム。ということで、夕方出来なかった、パソドブレを最初から第二ハイライトまでを通して練習。曲で、最初から最後まではじめて踊り切ったみなさんには、満足感がありましたね。

 その後、クリスマスソングでの、ダンスタイムを楽しみ、20時10分に夜のダンスタイムは終了。
 社交ダンスを楽しめるだけで、温泉旅行でも、お風呂と宴会の他に、さらに楽しめるものがあるということは、本当に素晴らしいものですね。

 その後は、外着に、着替えて、夜の熱川の街を散歩しながら、急坂を登り、コンビニへ2次会と貸切露天風呂用のお酒を買い出しに。戻ってきてすぐに貸切露天風呂タイム。
 お昼のチェックイン時に、フロントの方が、2箇所の貸切露天を一番遅い時間帯で予約を入れてくれたので、みんなタオルとお酒を両手に男女分かれてそれぞれ露天風呂へ。目指すは、お風呂とそして星空。

 外は快晴、露天風呂の電気をすべて消して真っ暗にして、湯船に浸かると、見える見える満天の星空が。。。
 オリオン座の四角形と、真ん中の3つ以外にもたくさん見えてくるたくさんの星に感動しながら、流れ星が見えた見えないでワイワイしながら、缶のお酒を飲みながらの3、40分は、最高の時間でしたね。

 そして、その後大浴場でしっかりと入浴した後、11時前から夜の2次会に突入。
 トランプ大会などで楽しんでいると、深夜1時30分過ぎに、下の階から苦情の電話が、、、
 この時うるさかったのは、さらに上の階の男性だけの悪酔い団体さんだったのですが、「健全にそろそろ寝ますか」ということに。
 ということで、熱川の夜はお開きになったのでした。

 翌朝、7時より朝食、その後のんびりとしながら、9時30分にチェックアウト、そしてダンスタイム。
 最初に、ジルバ、ジャイブ、パソドブレを軽く踊った後、10ダンスタイムで踊っていると、あっという間に11時になってしまいました。
 そして、着替えて、バスの出発前に昼食をとり、12時10分に帰りのバスが出発。高速道路は順調に流れ、池袋駅に到着したのは、4時前の15時50分でした。真夏の海水浴シーズンは、東京に着いたのは、夜19時30分だった時もあり、今回感じたのは、『冬の熱川は近い!』ということでした。

 このような感じで、今回少人数でしたが、伊豆では、海に、歌謡ショーに、ダンスに、温泉に、夕食に、露天風呂に、2次会に、みんなでとても楽しむことができました。
 次回の、CDC真冬の温泉ツアーは、2ヶ月後の2016年2月13日(土)、14日(日)に、栃木県の塩原温泉に行きます。
 こちらも、夜の生バンドダンスホールの雰囲気は、とってもお勧めですので、またみんなで楽しみに行きましょう!

 それでは、今回、初冬の伊豆熱川温泉ダンススアーにご参加いただいたみなさま、おかげさまでとても楽しい2日間となりました。いろいろとご協力ありがとうございました & 大変お疲れ様でした!

◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆CDC東京若者社交ダンス:http://c-dc.org/tokyo.html

◆ヤングサークルCDCのブログ:http://cdcnakano.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html

CDC伊豆温泉ビーチ社交ダンスツアー 2015年7月25〜27日

  • 2015.07.28 Tuesday
  • 07:06

伊豆海&温泉ダンスツアー
2015年7月25日(土)〜27日(月)

真夏のビーチとリゾートプール、パーティーを楽しもう♪
お疲れ様でした!

 
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:CDC伊豆ビーチツアー(2015年7月)

2015伊豆温泉ビーチダンスツアーの感想

CDCは、2015年7月25日(土)〜27日(月)の2泊3日で、静岡県の伊豆へ『CDC真夏の伊豆温泉ビーチダンスツアー』へ行ってまいりました。
今年の参加者は、結局男性20名・女性20名の合計40名のみなさんにご参加いただき、例年並みのまずまずのツアーになりましたね。
それにしても、3日間、とにかく暑かった灼熱のビーチツアーとなりました。

◆第1日目 2015年7月25日(土)
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:集合しバスに乗る(2015年7月)

天候は快晴。バスの出発時刻8時20分より早く全員が到着し、朝8時15分にバスは出発いたしました。
真夏の週末にしては珍しく、高速道路は順調に流れ、横浜経由で厚木に出るルートでしたが、いい感じでバスは進み、行きのバスでは、箱根に登らず、はじめて熱海を通って行った伊豆ツアーとなりましたね。
その熱海で、少しだけ休憩。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:熱海で休憩(2015年7月)

その後もバスは順調に流れ、昨年よりも2時間早い12時45分にホテルに到着できました。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:バスの中(2015年7月)

箱根の噴火の影響でしょうか。1年で一番熱い真夏の週末の筈なのに、妙に道路が流れていた今年の伊豆ツアーでした。
ホテルに到着後、まず昼食で海鮮料理を軽く食べて、チェックイン。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:ホテルで昼食(2015年7月)

そして、みんな水着に着替えて、海へ直行!
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆のビーチにて(2015年7月)

そしてビーチタイム。そこには、灼熱のビーチが待っていましたね。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆のビーチにて(2015年7月)

海にぷかぷか浮いて楽しんだり、、、
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆のビーチにて(2015年7月)

ビーチに、いけにえを埋めて楽しんだり、、、
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆のビーチにて(2015年7月)

水鉄砲で楽しんだり、、、
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆のビーチにて(2015年7月)

なんだかんだで、盛り上がり、2時間以上みんなでビーチタイムを楽しんでいましたね。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆のビーチにて(2015年7月)

16時30分にホテルに戻り、海の景色が素晴らしいホテル内の温泉露天風呂へ。
露天風呂のお湯がとても温くて、とても癒されました。

17時30分、乾杯で宴会スタート!
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:宴会での乾杯(2015年7月)

2時間CDC恒例のカラオケ大会で大いに盛り上がりました。
19時45分より、夜のダンスパーティー、、、
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:社交ダンスダンスパーティー(2015年7月)

21時より、花火大会、、、
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆熱川ホテル前花火大会(2015年7月)

21時40分くらいから熱川繁華街へお散歩、、、
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:熱川繁華街にて(2015年7月)

そして、とんでもない坂道を登り、コンビニへ2次会の食料調達、、、
ホテルに戻り、ゆったりと大浴場で汗を流して、23時頃から、深夜の2次会がはじまりました。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:深夜の2次会の一コマ(2015年7月)

今年の特徴は、昼間の灼熱のビーチタイムで、結構疲れていましたが、それでも最後のチームは4時30分くらいまで、2次会を楽しんだようでした。

◆第2日目 2015年7月26日(日)
天候は快晴 朝7時からの朝食には、38名中、32人くらいが間に合ったでしょうか?
朝食をとって、9時すぎに早速ビーチへ。
この日も、メチャメチャ強い日差しでしたが、みんなで今しかないビーチタイムを楽しみました。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆の朝のビーチタイム(2015年7月)

11時くらいに上がって、ホテルのプールに行ったり、町の海鮮料理屋へ、混んで席が無くなる前に移動したり。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆プールチーム(2015年7月)

お昼になると、一泊組の帰宅準備がはじまったり、プールチーム、ワニ園チーム、部屋でトランプ&昼寝チームなど、結局昼間にダンスしたのは2人だけでした(笑)。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:部屋でトランプ&奥で昼寝チーム(2015年7月)

ダンス合宿というよりも、年々ビーチツアーの色彩がさらに濃くなっている、CDCビーチツアーですね(笑)。

16時30分すぎには、1泊チームはみんなホテルを後にし、残ったのは15名。
その15名で、17時30分より、2日目の大宴会スタート。
「昨日よりも盛り上がるぞ!」という意気込みで、幸いカラオケの曲は、途絶えることなく、ずっと続きましたね。
夕食後、偶然ホテルで開催された、フラダンスショーを鑑賞。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:ホテルのフラダンスショー(2015年7月)

そして、ダンスパーティー、花火、熱川温泉繁華街、2次会の買い出しと進み、ゆっくりと入浴しても、22時30分前には、2次会がスタートしました。

2次会は、前日よりもまったりと、でもその分、空調がいい感じで効いていていて、快適に深夜を、また1日目と違った雰囲気で、楽しむ事ができました。
結局最終組は、3時30分くらいまで楽しんだようでした。

◆第3日目 2015年7月27日(月)
この日もまたまた天候は快晴。朝7時からの朝食には、2名を除く13名がありつけました。
チェックアウト後、荷物を置いて、まずはみんなでホテルのプールへ。みんなでビーチバレーを楽しみました。
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:朝のプールタイム(2015年7月)

その後10時15分くらいから1時間くらいダンスタイム。このダンスタイムも、みんなでいい感じに楽しむ事ができましたね。
そして、11時30分くらいから、海鮮料理チームなど昼食をとって、今年も12時30分くらいに出発かな、という感じでしたが、今年は道が空いているからか、バスの出発時間が予想よりも30分早く12時になっていました。
今回幹事最大の痛恨の最終確認不足ミスでした。そのため、海鮮チームのお食事を急がせてしまったり、同乗の他のお客様を待たせてしまったりと、最後はバタバタとご迷惑をかけてしまいました。大変申し訳ございませんでした(涙)。

結局バスは、12時22分に出発、途中魚屋さんに寄ったりしながら、帰りも熱海経由でバスは結構順調に流れ、昨年より1時間早く17時05分に、上野駅に到着。解散となったのでした。
このような感じで、今年のCDC伊豆ツアーは「とにかく夏の日差しがメチャメチャ強かった!」というのが、今回一番の印象でした。その他は「社交ダンスよりも、海・プール・海鮮料理を楽しむ感じになっている」「伊豆までの道が結構流れてた」という2015年でしたね。

今回も、参加者1人1人の、お心遣いや、楽しもうという雰囲気のおかげで、ビーチにダンスにプールにカラオケ宴会に海鮮料理に花火に2次会に、今年も伊豆の夏をとても満喫することができました。
今年もたくさんのみなさまのご参加、そしてご協力に深く感謝いたします。どうもありがとうございました。

来年もまたみんなで伊豆へ行きましょう!
2015年7月CDC伊豆ビーチツアー
↑写真:伊豆のビーチにて(2015年7月)

◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆ヤングサークルCDCのブログ:http://cdcnakano.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html

鬼怒川温泉社交ダンスツアー2015年6月6日(土)〜7日(日)

  • 2015.06.08 Monday
  • 08:13

鬼怒川温泉ダンスツアー2015年6月6日(土)〜7日(日)

2日間お疲れ様でした♪
2015年6月鬼怒川温泉ダンスツアー
 CDCは、6月6日(土)、7日(日)の一泊二日で、栃木県の鬼怒川温泉へ『CDC初夏の鬼怒川温泉ダンスツアー』に、行ってまいりました。
 今回の参加者数は、男性10名・女性11名の合計21名で、4ヶ月前の冬の塩原温泉ツアーの8名に比べるととても賑やかなツアーになりました。

 前日夜の天候は雨。当日も天候が心配だったのですが、明け方には雨も止み、朝の鉄道も運転見合わせなどのトラブルもなく、朝8時45分には、21人全員が集合場所に到着した、幸先の良いツアースタートとなりました。
 バスは、全員そろったので、9時より早い10分前に出発し、高速に乗り順調に北へ。
 10時ちょうどに佐野SAに、11時30分ごろには鬼怒川に到着、軽く昼食をとってから、またバスに乗ってホテルに到着しました。

 そして、チェックインしてお部屋に分散した後、鬼怒川恒例のつり橋へ向かってのお散歩♪
 毎年鬼怒川事情は変化しまくりです(驚)。
 3年前の豪雨による土砂崩れで、立岩展望台にはとっくに行けなくなりましたが、今年はその修復工事にともなう工事区画の関係で、川沿いの遊歩道も通行できなくなっていました(泣)。
 そのため、一般道を通って吊橋へ。
2015年6月鬼怒川温泉ダンスツアー

 鬼怒川大吊橋に揺られながら、対岸へ。そこでまったりと時間を過ごし、またのんびりとホテルへ戻っていきました。

 13時30分過ぎより、フリーダンスタイムを開始、16時30分くらいまでの3時間近く、みんなで自由にダンスタイムを楽しみました。
2015年6月鬼怒川温泉ダンスツアー

 この4月からダンスをはじめたばかりのみなさんも、温泉のダンスホールの雰囲気で、練習に、ダンスタイムに充実した時間を過ごすことができましたね。

 時間は、16時30分近くとなり、宴会に備えてみんな、温泉露天風呂で汗を流して、17時30分より宴会がスタート。
2015年6月鬼怒川温泉ダンスツアー

 これまで座敷に座布団で座る宴会スタイルが、今年は一新、テーブルに高齢者にも座りやすい低めの椅子での宴会レイアウトになっていました。
 また、昨年まで、AKBさえも一曲も入っていないカラオケマシーンを、今年も覚悟していましたが、なんとカラオケセットも一新、新しい曲も結構入っているリニューアルされたカラオケセットになっていました。
2015年6月鬼怒川温泉ダンスツアー

 2時間のカラオケ大宴会で、たくさん飲みながら、楽しい一時を過ごしました。
 19時30分に宴は終わり、着替えてホテルのダンスホールへ。

 20時頃には全員集まり、1時間45分のノンストップダンスタイムを楽しみました。
 たくさん飲んだ後のダンスタイムも、テンションが上がって楽しいものでしたね。

 21時45分に、夜のミニパーティータイムは終了、買い出しチームは、橋を渡ってセブンイレブンへ。そして入浴タイムに入りました。
 一応今回も22時40分から、貸切露天風呂をとってあったのですが、みんなゆっくりと大浴場でパーティーの汗を流した後だったので、時間がいまいちで、今回は不発でしたね。でも、露天風呂からの星空がメチャメチャ感動的だったのでした。

 23時30分より、みなさんを待たせてしまいましたが、2次会がスタートいたしました。
 21人という人数は、1部屋に集まって飲むのにはいい感じの人数でしたね。
 深夜の2次会は、ゲームや雑談など、みんなさらに飲みながら雰囲気良く開催され、結局夜が明けて日も出ている朝の6時まで続きました(笑)。
2015年6月鬼怒川温泉ダンスツアー

 朝7時45分より朝食、9時半にチェックアウトしてから、11時45分まで2時間ちょいの時間、朝のダンスタイムで、まったりとダンスを楽しみ、着替えて、バス乗り場まで歩き、12時10分くらいに鬼怒川を出発いたしました。
 途中、昼食やサービスエリアにより、15時30分頃に、無事池袋に到着、解散となったのでした。

 今回のツアーを総括しますと、男女比も良く、4月にはじめたばかりのみなさんも、たくさんの種類のダンスを踊り、宴会や2次会などで打ち解けあい、朝まで飲んで楽しみ、まさに『よく飲み、よく踊り、温泉最高!』といった感じのツアーになりました。
 今回の幹事の反省点としましては、パーティー終了後の貸切露天時刻が中途半端で、結果2次会がはじまるまで30分くらいみなさんを待たせてしまった事、2次会会場を広い方の部屋に設定すればさらに快適だった事、がありました。また次回に生かしていきたいと思います。

 それでは、今回も参加者のみなさまのご協力により、2日間トラブルなども無く、楽しく打ち解けることができた温泉ダンスツアーとなりました。
 参加者のみなさま、どうもありがとうございました & 大変お疲れ様でした。

 次回は、来月7月25日(土)〜27日(月)の2泊3日で、静岡県の伊豆半島へ『CDC真夏の伊豆ビーチ温泉ダンスツアー』を開催いたします。
 次回は、ダンスというよりも、海やプール、海鮮料理、宴会がメインの、真夏のリゾート的のんびりツアーとなりますが、来月の旅行もみなさまのご参加を心よりお待ちしております!

◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/

◆ヤングサークルCDCのブログ:http://cdcnakano.c-dc.org/

◆若者向けダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html

CDC香港社交ダンスホール&観光ツアー 2015年4月17日(金)〜20日(月)

  • 2015.04.21 Tuesday
  • 08:50

CDC香港ツアー 2015年4月17日(金)〜20日(月)

―週末の土日休みだけで香港へ行こう♪(羽田発1泊4日)―
お疲れ様でした!
2015年4月香港観光&ダンスツアー
CDC2015香港観光&ダンスホールツアー 2015年4月17日(日)〜20日(月)

 CDCは、2015年4月17日(金)〜20日(月)の一泊四日で、香港への社交ダンスホール&観光ツアーを開催いたしました。
 参加人数は、男性5名・女性4名の合計9名と、土日休みだけで参加でき、お得な価格設定もあり、この3年間で一番多い人数の参加者となり、ワイワイと香港の観光に、ダンスホールに、いろいろと満喫することができました。

2015年4月17日(金)

(出発からホテルへ)
 この日は、23時30分という、余裕の集合時間でしたが、春にしてはとても寒い夜でした。
 ポイントは「間違えて成田空港に行ってしまわないこと」。
 23時30分、羽田空港のANAのチェックインカウンターの前で無事全員が集合し、チェックイン。
 チェックイン端末で、みんなで近くの座席にかたまろうと見てみたら、すでに満席状態で席もバラバラなレイアウトでしたね。
 出国審査などは、快適に通過、のんびりと出発ゲートで仮眠モード。

2015年4月18日(土)

 飛行機は、定刻の1時半に出発、機内では、3時10分まで消灯して睡眠タイム、到着1時間半前くらいから朝食が出てきて、そして現地時間5時ちょうどの定刻に香港空港に着陸しました。
 入国審査も普通に完了し、みんな1〜2万円分くらい両替、お客様サービスカウンターで「オクトパスカード」という、香港のプリペイドカードを150ドル分と、エアポートエクスプレスの引換券でチケットをゲット。
 そして待ち時間無しに、エアポートエクスプレスが到着、20分程度で、空港と香港の街の中間くらいの駅「青衣」へ。

 その後、タクシーに乗っても良かったのですが、「とりあえず1度香港の地下鉄MTRに乗ってみよう」ということで、地下鉄で、青衣−ライキン−そしてホテルの最寄駅のチュンワンへ。
 チュンワン駅到着、ホテルまで徒歩10分ということで、まずは最初の難関。
 日本で、駅からホテルまでの徒歩ルートをプリントアウトし「道路に出ずに2Fの歩道だけでホテルに行ける」という情報をネットで読んでいたので、朝7時30分無事に今回の宿泊ホテルに到着。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:今回香港で泊まったホテルの外観
 
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:今回香港で泊まったホテルの部屋からの眺め

 そこで、ダンス着などの軽い観光荷物だけ持ち、ケースを荷物預かりに預けて、身軽になって香港の街へ向けて出発。
 再びチュンワン駅に戻り、中環へむけて地下鉄に乗る。

(はぐれる)
 チュンワン駅は、地下鉄の始発駅でした。
 改札を出て、ホームに降りたら、すでに地下鉄が止まっていて、急いで乗車。
 1人目が乗ったところで、発車の音が、、、
 日本なら、もう少し安全確認のために時間を置いてからドアを締めるのだが、香港地下鉄はすぐにドアが閉まった。
 そして、Oさん1人のみ電車の乗って先に出発という事態に。。。

 この2日間で気づいた事の一つに、香港の地下鉄のドアーが閉まるのが早いし、エスカレーターも観覧車もみんな動くのが日本より早い事だった。
 「まぁ、1本後続の電車に乗れば、どこの駅でもすぐに合流できるさ」と、最初は安易に考えていましたが、2分後に来た後続の列車に乗り、中環へ向けて泊まったすべて駅をチェックしたが、Oさんの姿はどこにも無し。。。
 「や・やばい、はぐれたかも、、、」

 一方、4つ目のライキン駅で、香港在住のTomokoさんと、予定通り無事に合流、うまく同じ地下鉄に乗り込んで、めでたしめでたし、といきたいところでしたが、Oさんの行方が分からず必ずしも喜べず。
 地下鉄は30分くらい乗って、終点の中環(セントラル)へ。
 「まぁ、2,3本後の地下鉄で、すぐに来るさ」と、気楽に数本待ってみたが、合流できず。

 結局30分まってみたが、合流することができず、Tomokoさんの携帯で、ホテルにメッセージを残して、1人減った9人で中環の繁華街に出る。
 後々、このTomokoさんにホテルへ電話していただいた伝言メッセ―ジのこの"機転"が、再合流にとても役に立つ事になるのですが。

(セントラルの街)
 中環(セントラル)に出てまず何か食べたいということで「翠華」という、軽食屋さんで軽い朝食を取る。
 その後、第一の観光地「香港エスカレーター」へ。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港セントラルのエスカレーター

 ここでTomokoさんとは、一旦分かれて、エスカレーターで上に上る。
 エスカレーターは、朝10時までは通勤時間帯ということで、下りになっていました。
 10時過ぎたらすぐに上りになるのかな、と思ってみていましたが、ずっと下りのまま切り替わらず。
 後で知ったのですが、10時になり、一番上のエスカレーターから順次上りに切り替えていくため、一番下のエスカレーターが上りに変わるのは10時20分頃になるのですね。
 ということで、1つ目のエスカレーターは、まだ下りだったので、歩いて階段上がり、2つ目のエスカレーターから登りになっていたので、楽ちんになる。
 3つくらいエスカレーターに乗った後、ハリウッドロードに出て、2つ目の観光地「文武廟」という香港で有名なお寺へ。
 中に入り、みんな灰まみれになりながら、お寺の中を満喫する。
2015年4月香港のお寺「文武廟」
写真:香港セントラルのお寺「文武廟」

 2日目に行くお寺もそうですが、香港のお寺は拝観料をとらない所が、宗教的にもすごいな、と感じました。
 お寺見学も終わり、次はピークトラムステーションへ。
 歩いても良かったのですが、やっぱり香港は東京よりも全然暑く、また坂道も多いため、みんな喉が渇きセブンイレブンへ入る。
 そのため、昨夜飛行機であまり眠れていない体力的なものも考慮し、香港初のタクシー乗車にチャレンジ。
 香港のタクシーは、色が統一されているので、とても分かりやすいですね。
 初乗り22ドルで、無難にピークトラムステーションへ。

(ピークトラム)
 ピークトラムステーションは、有名な観光地ビクトリアピークに向かうピークトラムの下の駅でしたが、午前中というのにすでにすごい列が、、、
 「1時間以上並ぶかな〜」と思っていましたが、意外に列が進むのが早く約20分で、トラムに乗ることができました。
 「ピークトラムに乗ったら進行方向の右側に座ること」というのが鉄則みたいでしたので、何とか右側に3列でみんな座る。
 ピークトラムが走り出しました。すごい傾斜で、背中への圧力が増す。この重力の感じが心地いい。
 この状態でロープが切れてでもしたら、、、やばい。と思いましたが、開業126年間無事故でした。


2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港のピークトラム

 10分程度で、ピークに到着。ここが香港100万ドルの夜景のNo1観光地、ビクトリアピーク。
 ちょっと霧がかかっていましたが、気持ちの良い山の風を感じながら、ピークから香港の街の眺めを鑑賞。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港 ビクトリアピーク 昼間

 バーガーキングで軽く食べて、そして下りにピークトラムで山麓へ。
 山麓駅から、歩道を歩いて10分程度下り、トラムが走っている道へ。いざトラム乗車にチャレンジ。
 トラムとは、2階建て路面電車のこと。
 最初は、行先や乗車方法が全く分からず、2,3本乗り過ごす。
 4本目に、今回の目的地である「コーズウェイベイ」行きのトラムがきたので、思い切って乗車。2Fに上がる。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港 トラム(路面電車)2Fからの眺め

 なるほど、こんな横幅の狭い電車も、2Fからの眺めは最高。香港の町を感じながら20分くらいで「コーズウェイベイ」に到着。
 そして3分くらい歩いて、今回の目的地「スターギャラクシーダンスクラブ」に13時40分頃に無事到着。

(スターギャラクシー)
 スターギャラクシーダンスクラブは、14時から開店だったのですが、Tomokoさんもすでに到着していて、無事合流。
 そこで「Oさんから連絡が来た!」という朗報が。
 スターギャラクシーで、海外ダンスホールタイムを楽しむ。50分くらいしてOさんとも無事再合流。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港 Star Galaxy Dance Club の席にて

 合流の瞬間は、みんな涙が溢れ出しなかなか止まらず。みんな本当に心配だったのだ。
 それもそのはず、スマホもなく地理も全然分からない異国の地で、はぐれてしまうというハプニングは、もし何かあったら大変だから。
 日本なら、携帯1本ですぐに再合流できるのですが、通話できない香港では、さすがにアセりました。

 スターギャラクシーダンスクラブ、入場料は180香港ドル(3000円位)、香港らしい24階建てのビルの24階にあり、とても良い雰囲気のホールでした。
 「さて香港では、どんな社交ダンスを踊っているのだろう?どんな曲がどんな速さでどのように流れているのだろう?」というのが、やっぱり海外のダンスホールに来てみて一番興味が湧く所ですね。
 これまで、台湾・上海・そして今回香港のダンスホールを訪れましたが、感想として「香港のダンスホールが一番ヤングサークルのパーティーに近い匂いがする」というのが、感想でした。

 台湾も上海も、それぞれ現地の自由な踊り(ダンス教室では学ばないような社交ダンス)を楽しんでいる感じでしたが、香港は10ダンスをベースとした社交ダンスだったので日本のダンスホールよりも、ヤングサークルパーティに似ていました。
 曲は同じ種目を2曲づつ、ワルツ・タンゴ・スローフォックストロット・クイックステップ・ヴェニーズワルツ・チャチャチャ・サンバ・ルンバ・ジャイブ、とパソを除く9種目がすべて流れていましたね。

 クイックとジャイブが明確に違う曲にしていたのも印象的でした。
 また日本のダンスのチーク(ゆっくりなスローフォックストロット)のような、10ダンスで踊れない音楽は、一曲も流れませんでしたね。

 客層は、男性プロの先生(白人系・アジア系半々くらい)と、お客さんペアーで踊っているのが9割、残り1割が友人同士でという感じでした。つまりこのあたりの客層は、日本のダンスパブに似ている感じがしましたね。
 ですので、フロアーで踊っっている男性は、みんな超上手かったです。
 こういった、違った国のダンスホールで踊ってみるはいいですね。いろいろと刺激にもなり、CDCのイベント企画の参考にもなり、とてもリフレッシュできるものです。

 CDCチームも、Tomokoさんも加わった、男性5名・女性5なの合計10名で、16時30分まで2時間半くらいワイワイと香港ダンスタイムを楽しむ事ができたのでした。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港 Star Galaxy Dance Club の入口にて

(100万ドルの夜景)
 17時前になり、ダンスホールを後にして、タクシーに乗り、再びビクトリアピークへ。
 目指すは「香港100万ドルの夜景」
 73.8ドルで、ビクトリアピークに17時20分に到着。夕暮れをの香港の夜景を待ち望む。
 し、しかし、雨は降っていなかったが、き、霧がすごい。。。。
 「むむむ、残念。」というのが感想でした(涙)。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港 ビクトリアピークからの夜景

(シンフォニーオブライツ)
 「上がダメなら、下から」ということで、18時55分にタクシー乗り場に再合流し、セントラルのスターフェリー乗り場へ。
 19時20分にフェリー乗り場に到着、フェリーに乗って対岸のチムチャツォイ港へ。
 すでに日は落ち、ふぇ、フェリーからの香港の夜景が最高すぎる。。。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港 スターフェリーから夜景を堪能

 みんな、フェリーからの心地よい風の中の幻想的な夜景に浸りながら、あっという間に対岸に到着。
 少し歩き、香港島の夜景が見える場所へ。
 20時、音楽とライトアップが楽しめる15分間のショー「シンフォニーオブライツ」が始まる。
 雰囲気は、真夏の夜、横に長く広がる、香港島のビル群の眺めを満喫しながら、今回のツアーの最高の時間を過ごす。

 あっという間に、シンフォニーオブライツは終了。
 これで1日目の予定は無事すべて終了、香港のバーで夜遊び組とホテルに帰ってやっとチェックイン組に分かれて自由解散。
 ホテル組は、帰りの地下鉄に乗る前に、明日訪れるダンスホールを事前チェックにちょっと寄り道。
 このビルには、13階に明日訪れるホールの他に、9階にも別のダンスホール「百楽会」があり、いきなり入ってみたら、「満席です」と断られてしまいましたが、みんな楽しそうにダンスしていました。

 ホテルの最寄り駅チュンワン駅に到着し、歩きながらお寿司を買って、ホテルに到着チェックイン。
 部屋割りがしっかりと指定されていなかったので、時間がちょっとかかりましたが、19階のお部屋に地下3Fのイオンでビールを買ってから入る。
 3人で1杯やってから、あっという間に睡眠。

(チュンワン観光)
2015年4月19日(日)
 朝6時半くらいに目が覚めて、8時半に無事ロビーに集まった5名で、ホテルの近くのチュンワンの街の軽い観光へ。
 最初は、徒歩2分くらいのチュンワン公園に到着。
 香港や中国らしい趣のある、亜熱帯のとても良い雰囲気の公園でした。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:ホテルの近くのチュンワン公園

 20分くらい散歩しながら香港らしさを満喫して、朝食屋さんで、朝ごはんを食べて、タクシー(38ドル)に乗って山の中腹にある竹林禅院へ。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:竹林禅院 天王殿

 入口から、4つの建物があり、最後の五百羅漢實殿は、ガイドブックがなければ到着できない場所にありましたが、無事にたどり着き500体の黄金の仏像を堪能、この一番上の寺院からのチュンワンの眺めも良かったですね。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:竹林禅院一番上の五百羅漢實殿からの街の眺め

 そして、またまたタクシーに乗り(22ドル)、チュンワン駅前の「三棟屋博物館」へ。
 200年前の客家の人々の村を再現した博物館でしたが、そんなに見どころもなく10分くらいで回ることができ、そのあと徒歩5分でホテルに戻り11時に到着、午前中の軽い観光を終了、12時にチェックアウト。
 1000室もあるホテルだったので、12時のチェックアウトは超並ぶかも、と心配でしたが、そんなのはまったくなく普通にチェックアウト、また荷物を預けて12時10分にホテルを出発。Tomokoさんに事前予約していただいたチムチャツォイの映月楼へ。

(映月楼で飲茶)
 映月楼には、13時03分に到着、港の景色を楽しみながら、飲茶や創作点心での、お茶&昼食タイムを楽しむ。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:映月楼にて飲茶タイム♪

 食に関しては全くセンスが無い代表は、こういう場所でのセレクトに自信がなく、注文をみんなに一任。
 みんな、美味しそうな点心をいろんな種類で注文しながら、結局15時まで、お茶タイムを楽しんだのでした。

(海沿いを楽しむ)
 15時にお店を出て、港沿いの道を歩きながら、アヴェニューオブスターズへ、香港歴代有名俳優・女優のプレートや手形、銅像を見ながらまったりと散歩する。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:海沿いのアヴェニューオブスターズを歩く

 歩ききった所で、一旦夕食のダンスレストランまで解散し、自由行動に。
 代表チーム4人は「昨日のエスカレーターを最後まで昇り切っていない」ということで、スターフェリーに乗って中環の港へ。そこから歩いてエスカレーターまで行き、「さて、1番下から1番上まで何分でたどり着けるだろうか?」という予想をしてからエスカレーターに乗車。16時20分に乗って、一番上にたどり着いたのは16時37分、正解は17分でした。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:昼間のスターフェリーにて

 帰りは、エスカレーターがないので、ひたすら徒歩か階段で港まで。
 帰りのエスカレーター乗り場までも登りと同じ17分でした。
 さすがに足が張ってきましたね。
 港に戻り、再びフェリーでチムチャツォイに戻り、徒歩10分で最集合場所へ。

(SLA DANCE)
 17時40分、無事全員が集合して、2つ目のダンスレストランであるSLADANCEに到着。

 SLADANCEは、ダンスホールというかダンスレストランの方が近いかも。
 18時より入場可能でしたが、最初はバンドのリハーサルをやっていて、ダンスタイムが始まったのは、19時より、ビッフェで食事が始まったのは19時半でした。
 なので、ダンスタイムまでの1時間は、ゆっくりと着替えて、ゆっくりとビールを飲みながらゆっくりと歓談したりして楽しみました。昨日シンフォニーオブライツを見ていてつくづく良かったと思ったのでした。

 19時からのダンスタイム、途中はカラオケダンスタイムも含みながら、とても広いホールでのダンスタイムを満喫。
 日曜の夜でしたので、結構空いていましたね。お客さんは25人程度でした。
 こちらも踊っているダンスは、10ダンス系でしたが、曲の順番は1曲ずついろんな曲が流れていました。
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港のダンスホール「SLADANCE」にて

(帰国)
 20時を過ぎて、そろそろ飛行機のチェックイン時間22時50分を意識するようになってきました。
 20時35分に着替えはじめて20時45分にお店を出て、地下鉄に乗り、チムチャツォイ駅でみんなオクトパスカードの払い戻しを無事してもらい、ホテルに戻りで預かってもらっていた荷物を受け取り、詰め替え、22時ちょっと前にタクシーに乗って青衣駅へ。という所ですが、ホテルのボーイに呼んでもらったタクシーの2台目がなかなか到着せず、結局15分くらい待たされて、ちょっとアセりましたね。
 青衣駅で待っていた1台目チームも、1つ目のエアポートエクスプレスを乗り過ごし、ちょっとアセっていたのではないでしょうか?

 2台目が青衣駅に到着した時に、ちょうどエアポートエクスプレスが止まっていて、ダッシュで乗ってみる。
 昨日の地下鉄の教訓もあり「全員乗るまで待ってくれないだろうなー」と諦めかけていましたが、こちらは15秒くらい待ってくれました。
 そして20分くらいで、香港空港へ到着、到着時間は22時43分、帰りのフライトのちょうど2時間前というドンピシャリの時間だったのでした。
 空港では、端末でそれぞれチェックイン、荷物を預け、余った18香港ドルでダブルチーズバーガーを買い、残り80セントを出国ゲートの募金箱へ、香港ドル使い切り達成。

2015年4月20日(月)
 帰りの飛行機も、予定通り0時50分に出発。
 行きより帰りの方が、なぜか眠れず、機内ムービーを見ていたら、あっという間に羽田空港に朝5時37分に着陸しました。
 着陸してからゲートまでの移動時間が結構長かったですね。
 入国審査、荷物受取りをあっという間に済ませて、朝6時18分に解散となり、2015CDC香港海外観光&ダンスホールツアーは無事に終了となってのでした。
 6時25分の京急に乗り、自宅に到着したのは朝7時38分でした。

(まとめ)
 費用的には、ツアー代金29800+諸費用5300円と、羽田往復、現地で200USドル(23400円)で、合計総額6万円くらいで行って来れたツアーになりました。
 香港を訪れた印象は「上海とは、またぜんぜん違った町だな」というものでした。

 「高層ビルが多い」「街のすぐ近くが山で坂が多い」「夜景が綺麗」という普通一般の印象の他に、香港ならではの「2Fの歩道が充実」「香港英語が聞き取り易いし通じやすい」「セブンイレブン、吉野屋、寿司屋が多い」。また、上海と比べた時に、より日本の方に近い秩序のある雰囲気がありましたね。
 具体的には「道路でクラクションがほとんどならない」「列の横入りが少ない」「タクシーも安心して乗れるし言葉も通じる」「街にゴミがほとんど落ちていない−掃除がしっかりとしている」「物乞いもいない」「あまり信号無視しない」「地下鉄でスマホから音を出さない」という印象を持ちました。  夜に夜景で心が癒せるのもあり、一度住んでみたいと思う事ができましたね。

 こんな現地たった2日間の香港ツアーでしたが、開催までには実にいろいろと調べたり探したりしました。
 最初は、旅行会社に頼んで、香港ダンスホールツアーを組んでもらう予定でしたが、現地支店が探してもダンスホールがぜんぜん見つからないという回答になり、ツアーでの開催は不可能となってしまいました。
 ので、ちょっと途方に暮れた時もありましたが、でも「今年は必ず香港へダンスを踊りに行く!」と決めた以上、やはり行きいと思っていた所、香港在住の日本人が昨年まで香港活動していました社交ダンスサークルのサイトJ-DACさんを、発見して香港在住のAsamiさんにコンタクトをとってみたり、また昨年に行った上海ダンスツアーのレポートブログを見て、お問合せしていただいたErinaさん(こちらも当時上海の百楽門ダンスホールが改装中ということを直前に知り、代替のダンスホールを探していて、CDC上海ツアーを参考にしていただいたご縁)から、香港在住のTomokoさんをご紹介していただき、それでAsamiさんには、SLADANCEレストランを事前に予約していただき、TomokoさんにはStarGalaxyDanceClubと、飲茶の映月楼を、事前に予約していただき、また到着した当日は軽いガイドと、現地のダンスタイムにもご一緒過ごしていただき、昨年の行き当たりばったり上海ツアーよりも格段にスムーズに進めることができました。

 上海ツアーは3名でしたので、適当な行き当たりばったりでもなんとかなりましたが、香港は9名という大人数での自由旅行スタイルと、無計画ではちょっとあぶないかなということで、事前準備が必要となっていました。
 特にお食事系は、多人数で探して街の中をさまよい出すと、意見が割れたり、とんでもない時間のロスと体力を消費することが多々あるので、事前にお店を予約できた事は、本当にとても助かりしましたし、現地の状況などのアドバイスもとてもためになりました。
 そんな、今回のCDC香港ツアーの縁の下の力持ちになっていただきました、Tomokoさん、Asamiさん、Erinaさんに、この場を借りて、深く感謝の意を表したいと思います。

 そして最後に、今回のCDC香港ツアーに参加していただき、旅行中は集団行動にご協力いただき、飲茶では美味しいメニューを注文していただき、そして何よりも、無事に4日間を楽しく過ごすことができました事、みなさまのご協力に心から感謝いたします。
 来年2016年4月は、香港から日帰り圏内の中国の街(しんせん)に、ダンスホールが立ち並んでいる場所があるという噂を聞きましたので、次回はここに行ってみよう、と考えています。

 2015CDC香港ツアーにご参加のみなさま、大変お疲れさまでした&ご協力誠にありがとうございました!
 
2015年4月香港観光&ダンスツアー
写真:香港のダンスホール「SLADANCE」にて

◆ヤング社交ダンスサークルCDC:http://www.c-dc.org/
◆ヤング社交ダンスサークルリンク集:http://www.c-dc.org/vote.html
◆香港社交ダンスツアーの再生リスト:https://www.youtube.com/playlist?list=PLwKxPKsQVWDypzWnmh4QRtnjoFGgFDxVq

4/17(金)〜4/20(月)CDC香港海外観光ダンスツアー

  • 2015.04.16 Thursday
  • 08:12
4/17(金)〜4/20(月)CDC香港海外観光ダンスツアー

2015/4/16追記
いよいよ、2015CDC香港ツアーまであと1日たらずとなりました。
○当日の集合時刻は、2015年4月17日(金)23:30 羽田空港 国際旅客ターミナルビル 3F 全日本空輸チェックインカウンターへ集合 です。今回国際線ですが、羽田空港発ですので、間違って成田空港に行かないように十分お気を付けくださいませ(笑)!
○以下に日程案を記しましたが、香港へ到着して、朝荷物をホテルのクロークに預けた後(ホテルのチェックイン開始は14時からなので)、ホテルから街まで片道40分位かかってしまうため、チェックインするのが、夜21時頃になりそうです。
○荷物をホテルのフロントに預けてから、外に出ますので、鍵がかかるケースを強くお勧めいたします。
○荷物は、1泊2日セットと、ダンス着2着とダンスシューズ程度です。日焼け止め、帽子などもお忘れなく。
○オープントップバスツアーはちょっとできなさそうですので、あらかじめご了承くださいませ。
○3日目4月19日(日)の朝チェックアウト12時までは、自由行動です。
今のところ、だいたいこんな感じですが、また追記した時は、あげておきますので、よろしくお願いいたします。

【香港ツアー予定表】
◆2015年4月17日(金)23:30 羽田空港 国際旅客ターミナルビル 3F 全日本空輸チェックインカウンターへ集合
◆2015年4月18日(土)05:00 香港着 NH839
※両替、オクトパスカード150$を購入して、エアポートエクスプレスで青衣へ。その後、地下鉄で茎湾駅へ、徒歩10分でホテルへ。
08:00 ホテルに荷物を預けて出発
当日天候や現地の案内人さんのアドバイスをもとに、
地下鉄で茎湾から中環まで行ってしまい、ピークトラムに乗って朝のビクトリアピークへ(ピークトラムは、夕方は1時間以上待ちで超混むため)、エスカレーター、文武廟などを見て、トラムに乗り銅羅湾のスターギャラクシーダンスクラブ【予約済】へ14時着。
14:00〜16:00頃 ダンスホール/ダンスタイムを楽しみます。
タクシーで早めにビクトリア―ピークへ、付近を散策しながら夕暮れ&夜景を楽しむ。
※ダンスクラブで軽食をとるため、夕方はビクトリアピークが優先でどれだけ混むか分からないので、夕食場所は予約してありません(未定)。
19:00ちょっと前くらいに タクシーで中環(セントラル)へ降りる、地下鉄で尖沙租(チムシャツォイ)へか、香港島の方のスターフェリー乗り場へ。
20:00〜 シンフォニーオブライツ鑑賞(間に合わないかも)
このあたりから自由行動−体力ある人は夜のバーなどへ、寝不足で疲れた方は、地下鉄でホテルへ戻り、チェックイン
※翌日4月19日(日)12:00まで自由行動、お昼12時にホテルロビーへ集合
◆2015年4月19日(日)
08:00〜
朝、天候が良ければ、希望者で、ゴンビン360(チェックアウトまでに戻れるだろうか)かどこか観光へ。
11:30 ホテルに戻りチェックアウト、クロークへ荷物を預ける。
12:00 ホテルのロビーへ最集合、地下鉄で尖沙租(チムシャツォイ)へ移動。
13:00 港の景色の良い人気のお店『映月楼』で飲茶【予約済】ランチタイム(150$)
午後は、尖沙租エリアの散策、スターフェリー、アヴェニューオブスターズなど、18時までまったり。
18:00〜 ダンスレストランSLADANCE【予約済】にてディナー&ダンスタイム(180$)
※盛り上がればそのまま21時くらいまで、まったりとダンスタイム。
※雰囲気により、前日シンフォニーオブライツが見れなかった時など、20時のショーを港へ見に行くかも。
21時頃 茎湾のホテルへ戻り、荷物を受け取り空港へ。
◆2015年4月20日(月)00:50 香港発 NH840

その他:
○現地は、温かく昼間はTシャツ1枚に軽い羽織るものがあれば十分みたいです。
○18日(土)の夕食は未定。19日(朝)の朝食は各自となります。(ツアー料金には含まれていません)
○現地で使う金額の目安ですが、オクトパスカード(公共交通機関のプリペイドカード)150$、スターギャラクシーダンスクラブ約150$、映月楼約150$、SLADANCE180$と、合わせて約630$(約1万円)+1日目の夕食代、2日目の朝食代、おみやげ代といった感じで、おみやげ代にもよりますが、所詮たった2日間ですので、2万円分でも余ってしまうのではと思っています。おみやげを買わないのなら1万円で十分のような気もします。ご参考にどうぞ。
○ダンス着は、Tシャツなどそのままの格好でも大丈夫のような感じですが、パスポートとダンスシューズはお忘れないように。

以上、追記分でした。


<申込状況>(3/9現在):9名(男5:女4)(みつ、とーる、きゃしー、くま、たけちゃん、おおえ、かさぎー、はるな、さや)
2013年4月台北観光&ダンスツアー
ダンスサークル関係者のみなさま

今年のCDC香港海外社交ダンスツアーですが、1ヶ月間旅行会社などで、調査・検討の結果、以下の日程で開催することに決定いたしました。
現地香港でのダンスホールの状況が、旅行会社によってうまく確認できなかったため、ダンスツアーが組めませんでした。昨年の上海のように自分たちで地下鉄などを駆使して歩き回る自由旅行スタイルになります。

 そのため、ツアー申込みも、飛行機、ホテルの席が無くなり次第、受付終了となってしまいますので、少しでも行ける可能性のある場合は、まず『 honkong2015@c-dc.org 』へ、まずお名前のみでもご連絡くださいますよう、お願いいたします。その後、3月16日(火)17:00まででしたら、取消料がかかりませんので、とにかくまず先に予約してから職場など関係先と調整してみるようにお願いいたします。

<今回のツアーの特徴>
○金〜月の4日間コースですが、実質1泊4日みたいなものです、金曜日は23時羽田集合、月曜日は朝6時羽田着ということで、がんばれば通常の週末休みのみで参加可能です。今回は、羽田発着海外ツアーです。
○2日間、歩きまわりながら、観光とダンス場訪問をします。
○ダンスツアーという名うっていますが、問い合わせるともうやっていないとか、別のダンスであるという回答もあり、現地の状況は行ってみないと分かりません。最悪営業していなくてまったく踊れない可能性もあります!一応3箇所のダンスホール/レストラン/ダンスクラブ「彩龍大酒楼」「百楽会」「Star Galaxy Dance Club」に行ってみるだけいってみますので、ダンスシューズはお忘れなく。
○料金が、35,120円と、なかなかお値打ちです。
○2日目土曜日のホテルチェックインが14時以降、3日目ホテルのチェックアウトが12時までということで、どこかで荷物預かりをすることが十分ありえますので、鍵がかかる旅行かばんの準備が必須です。

<旅行日>
2014年4月17日(金)夜23時羽田空港集合〜4月20日(月)朝6時羽田空港解散の1泊4日

<行先>
香港

<日程>
◆1日目 4月17日(金)夜23時頃 羽田空港に集合
◆2日目 4月18日(土)
羽田(01:25〜01:30)発航空便(直行)空路、香港へ
香港(05:00〜05:25)着
着後、エアポートエクスプレスにてご自身でホテルへ
ホテルチェックインは14:00以降となります。
◆3日目 4月19日(日)
出発まで自由行動
ホテルチェックアウトは正午となります。
エアポートエクスプレスにてご自身で空港へ
◆香港(00:50〜01:05)発航空便(直行)、空路羽田へ
羽田(05:55)着  着後、解散となります。

<利用航空会社> 全日空(ANA)
<食事> なし
<添乗員> なし
<最少催行人数> 1名(代表1人でも行きます)
<1人部屋追加代金> 18000円
<料金内訳>
ツアー基本代金 29800円
日本国内空港使用料 2570円
現地税 1950円
保安税(香港) 700円
羽田空港旅客保安サービス料 100円
合計 35120円
<取消料>旅行会社へキャンセルを申し出た日が、
3月17日17:00まで 無料
4月14日17:00まで 20%
4月16日17:00まで 50%
当日 100%
<その他訪れたい観光地>
ダンス場の他に:
・ビクトリアピークからの展望
・アベニューオブスターズ
・ビクトリア湾クルーズ
・文武廟
・エスカレーター
・オープントップバスツアー
・ランタオ島 ゴンビン360

 ツアー会社の席などの定員に達し次第の受付終了となりますので、少しでも行ける可能性のある場合は、まず『 honkong2015@c-dc.org 』へ、まずお名前のみでもご連絡くださいますよう、お願いいたします!

みなさまのご参加を心よりお待ちしております!

以上

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM