CDC台湾ツアー 2013年4月20日(土)〜22日(月)

  • 2013.04.23 Tuesday
  • 23:00
 CDCは、2013年4月20日(土)〜22日(月)の2泊3日で、台湾の台北へ初の海外ダンスツアーを開催いたしました。今回の参加者は、男性4名・女性4名プラス、現地合流の女性1名の合計9名で、台湾を楽しんでまいりました。

 第一日目、4月20日(土)は、朝8時半に成田空港の受付ロビーに集合でした。
 日暮里駅から、7時21分発スカイライナーで、一気にノンストップ39分で成田空港に到着「成田空港ってこんなに近かったのか」と、京成電鉄に感動した、行きの電車でした。
 8時40分くらいに、無事8人全員が揃い、チェックイン、出国審査などを経て、定時の10時30分に成田空港から飛び立ちました。自身では、なんと9年ぶり38ヵ国目の初台湾旅行となりました。

 機内では、昼食を食べて、映画を見ていたら、あっという間に台北に到着、現地ガイドの辛さんと合流して、空港から台北の街へと向かいました。ホテルに到着前に、両替&5種類の台湾のお茶を飲みながら、一息ついて、15時30分くらいにホテルに到着してチェックインしました。
2013年4月台湾台北林森のホテルの前の風景
↑写真: 台湾台北のホテルの前の風景

 その後、早速、ホテルの周りをみんなで散策し、露店や商店街を1時間弱のんびりと楽しみ、またホテルに戻り、一息しながらダンスの準備。17時に台湾留学中のあやかさんとも無事合流し、17時半に専用車で台湾料理のお店に行きました。

 そして、お酒を飲みながら、台湾料理フルコースを満喫、食後、本日のハイライト「雅士達ナイトクラブ」に行きました。
2013年4月台湾台北の社交ダンスホール雅士達ナイトクラブの前にて
↑写真: 台湾の社交ダンスホール「雅士達ナイトクラブ」

 そこは、ビルの12階にある、台湾のダンスホールで、土曜の夜だったこともあり、とてもたくさんの人達で賑わっていました。
 初の海外ダンスホールで、みんなのテンションも上がり、案内された予約席は、フロアすぐの真正面の最高の位置に案内されて、ダンスタイムははじまりました。
 ちなみに、ここは、入場料はツアーに含まれていたので不明、コインロッカーは20元、更衣室も完備、小さなダンス用品のお店もありました。フロアの広さは200平方メートルくらいといったところでしょうか。
 服装はもっと適当かなと思っていたのですが、意外にネクタイをつけている人もいて、しっかりとした格好をしていたなぁ、と感じました。ジーンズにTシャツで踊った私の服装が一番浮いてしまったのでした(汗)。
 年齢層は30代〜50代が中心で、日本のダンスホールよりも若くて元気だなぁ感じました。
 とにかく賑わっていました。踊っているダンスも、まさに社交ダンスでした。ゆっくりなタンゴ、普通のタンゴ、チャチャチャ、ワルツ、ルンバ、サンバ、ジャイブ、など、スローとパソは一度も流れず、ヴェニーズが1回だけかかりました。サンバでは、みんなジルバを踊っていましたね。
 ただ、一曲一曲がとても長く、2曲をノンストップで流すので、1曲あたり6,7分の長さだったと思います。つまり、全種目を1時間で1周しているような感じでした。
 このような、台湾のダンスホールですが、みんな果敢に踊りだし、女性陣はいつのまにか周りの台湾ダンサーに誘われまくりながら台湾流社交ダンスを楽しみ、男性陣も果敢に台湾女性を誘って踊ってみたり、私もガイドさんとジルバを踊ったりしながら、「海外のダンスホールで社交ダンスを楽しむ」という願望を叶えることができたのでした。
 台湾社交ダンサーと踊った女性陣の感想は「台湾の男性は上手かった」という声が多かったですね。所々ステップに少々違いはあったのですが、どうやらリードがうまかったようです。

 こんな感じで、あっという間にダンスホールで2時間くらいが過ぎ、ホールを退出して、ホテルへ向かいましたが、途中行き先を変更して、台北最大のナイトマーケット「士林」で、下ろしてもらい、ナイトマーケットを楽しむことにしました。
 いろんなお店を見ながら、地下に下りてくると、大きな食堂街に行きつきました。もう夜22時を過ぎているのですが、ここもすごく賑わっていましたね。早速席を見つけて、いろんな台湾料理をつまみながら、ナイトマーケットを楽しみ、
2013年4月台湾台北最大のナイトマーケット士林の地下食堂街にてにて
↑写真: 台湾台北「士林」のナイトマーケット地下食堂街

23時をすぎて、半分はタクシーでホテルに戻り、もう半分は0時くらいまで散策して、地下鉄でホテルに戻ったようでしたね。
 台湾ツアー第一日目は、こんな感じで終了いたしました。

 第二日目、4月21日(日)は、朝9時にホテルのロビーに集合でした。
 朝食が6時半より食べられ、時間に少し余裕があったので、みんな朝公園や町を散策してのんびりしながら、9時に専用車で、「千と千尋の神隠し」の町並の風景の参考になったと言われる「九ふん」へ向かいました。

 九ふんは、海際の坂の多い街でした。途中専用車から、路線バスに乗り換え、九ふんの商店街入口へ到着、
2013年4月台湾「九ふん」の商店街入口
↑写真: 台湾「九ふん」の商店街入口

1時間くらい九ふんの露店道をのんびり楽しみながら町並みを感じましたが、出発の前日に慌てて「千と千尋の神隠し」を見てきた私の感想として、映画と似ているとはそんなに思いませんでしたね。坂の町並みと赤い提灯が少し似ていましたが、なにかちょっと違っているなぁと思いました。
2013年4月台湾「九ふん」の町並み
↑写真: 台湾「九ふん」の町並み

 最後にお茶屋さんで、休憩してから、階段を下りていき、
2013年4月台湾「九ふん」の坂の町並み
↑写真: 台湾「九ふん」の坂の町並み

バス停にたどりつき、
2013年4月台湾「九ふん」の坂の下のバス停
↑写真: 台湾「九ふん」の坂の下のバス停

路線バスで、我が専用車の駐車場に行き、そこから乗り換えて、高速道路を使いながら、台北に戻りました。

 お昼ごはんは、台北市内の銀座っぽいエリアのとても綺麗なお店でした。また昨日とは違った台湾料理を満喫し、そして故宮博物院で、中国4000年の歴史の宝物の展示を見に行きました。着く前にガイドさんが「実は私が一番行きたくない場所です」と話してくれたのが、博物館の中に実際に入って理解できました。とにかくすごい人、人、人なのです。
 みんなその人ごみの中での1時間に疲れきってしまいましたが、中国の古い貴重な宝物類をなんとかしっかりと見て、そして博物館を後にしました。
2013年4月台湾台北「故宮博物院」
↑写真: 台湾台北「故宮博物院」の前にて

次回台湾ツアーを開催しても、ここには行くことはないなぁと思ったのでした(笑)。

 その後、専用車は、台北市内の社交ダンス店に移動いたしました。「大来」という、社交ダンス衣装の台湾メーカのお店です。
 http://www.dah-lai.com.tw/products.asp みんな、積極的に衣装を試着しながら、品質などをチェック、男性用のパンツやシャツのお値打ちなものが多く、パンツの裾も、その場で無料ですぐに直してくれたので、男性陣2名は、ここで上下とも買って、早速夜のダンスホールで着用することになったのでした。

 社交ダンスのお買い物も満喫して、ホテルに戻り、ダンスの準備をして、夕食に行きました。
 2日目の夕食は北京料理の夕食でした。9名でちょうどテーブル1卓を囲み、台湾ビールを飲んで歓談しながら、いろんな種類の料理を満喫しました。特にアヒルの肉を皮に包んで、ミソをつけて、きゅうりとネギを入れて食べるのがインパクトがあっておいしかったですね。

 夕食後は、そのままダンスホールへ。2日目は「凱帝ダンスクラブ」というダンスホールに行きました。
2013年4月台湾台北「凱帝ダンスクラブ」
↑写真: 台湾台北「凱帝ダンスクラブ」の前にて

 土曜の夜だった昨日とはうって変わって、日曜の夜の今夜は、なんと、、、「ガラガラ状態」。お客さんは20人もいなかったですね。
 私達が到着後も、明日が仕事だからか、お客さんはだんだんと帰っていき、1時間後には、台湾ダンサーと日本ダンサーが同じ位の数になってしまったのでした(笑)。
2013年4月台湾台北「凱帝ダンスクラブの中」
↑写真: 台湾台北「凱帝ダンスクラブ」の中にて

 こちらのダンスホールでも、上手い台湾ダンサーのリードに女性陣が感動したり、男性陣が台湾ステップを教えてもらったりと、ガラガラでとても広いフロアーで、昨日とはまた違った2時間弱の時間を楽しむことができました。
2013年4月台湾台北「凱帝ダンスクラブのフロア」
↑写真: 台湾台北「凱帝ダンスクラブ」にて


 これで、2日目の全日程は終了、、、と思いきや、ガイドさんの案内でホテル近くの夜の街へ。まぁ、自由行動だった訳ですが、足ツボマッサージ、全身マッサージ、さらに進んだマッサージ?と、みんなお互い干渉することなく、それぞれの好きなマッサージでリフレッシュしながら、台湾最後の夜を楽しんだみたいでした。

 第三日目、4月22日(日)は、朝11時にホテルのロビーに集合でした。
 朝食後、かなりゆったりと時間があったので、近くの博覧会跡地の公園を気持ちよく散歩たり、マッサージ店でリフレッシュしたり、遅くまで寝てたり、台湾超高層タワー101へ行ったり、みんなそれぞれ自由な時間を過ごしながら、11時にホテルを後にし、途中免税店に寄りましたが、ダンス用品以外は興味がなく誰も何も買わず、そして空港へ。
 現地ガイドさんと涙のお別れをして、チェックイン。飛行機は予定通り台北を出発し、行きは見始めるのが遅かったので途中までしか見れなかった映画を、帰りは最初から最後までしっかりと見たら、最後のエンディングの時は飛行機は成田空港に着陸していました。

 入国審査も無難に終わり、みんな解散、帰りは成田エクスプレスに乗りましたが、東京駅まで1時間5分もかかり、京成スカイライナーの威力をしみじみと感じた帰り道だったのでした。
 自宅には22時くらいに到着、CDC初海外ツアーは、全くトラブルなく無事に終了したのでした。

 昨年11月のCDC月例飲み会の席で、第13期あやかさんの「私来年の3月から台湾に半年留学します!」に端を発した、CDC初海外ダンスツアープロジェクトでしたが、こちらの希望に沿ったプランを作っていただいたHISの高木様、企画が催行中止にならず実際に参加していただいた8名のみなさん、現地で2日間一緒に楽しんでくれたあやかさん、3日間ガイドをしていただいた台湾の辛さん、などなどたくさんの方のご尽力により「みんなで海外のダンスホールへ行き、社交ダンスを楽しむ」私のたくさんの夢の中の1つを実際に叶える事ができました。
 参加者のみなさま、大変お疲れ様でした & ありがとうございました。

 次回の海外ダンスツアーは、当初第13期のわんだーさんが現在駐在中の『タイ』を考えていましたが、近さと良いダンスホールがあるという噂の『上海』の方で、ただいま検討中です。今回参加できなかったみなさんも、ぜひ次回は海外のダンスホールで一緒に社交ダンスを踊りましょう!
 これは本当に本当に楽しいですよ♪ 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM